NOBYの地球ひとっ飛び ~ブログ編~


luckynoby2@yahoo.co.jp 
by luckynoby
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
欧州バレー便り!
Everyday is Gray!
カテゴリ
以前の記事

<   2004年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

オランダバレー

今日はオランダバレーを久しぶりに見に行った。
対戦カードはネッセランデ(ロッテルダム)対ディナモ(アペルドーン)。
昨年度1位対3位の黄金カードである。

b0046170_513491.jpg


オランダバレーと言えばなんといっても「ガリバーバレー」。平均身長が世界1のオランダ人だからバレー選手達も当然長身選手が揃う。80年代後半から高さを武器に世界のトップグループに顔を出し、92年のバルセロナでは銀、96年のアトランタオリンピックでは見事金を獲得した。当時の主力メンバーが205センチの天才セッター、ブランジェと主力大会で何度もベストスパイカー賞を何度も獲得したズベルフェル。共に30代後半となる現在は既に現役を引退しているものの、オランダバレーの最大の功労者2人は今もまだバレーに携わる立場にいる。バレーで得た名声はバレーに恩返しなのだろう。この日対戦した両チームのそれぞれ監督、GM(ゼネラルマネージャー)として選手を指揮する立場にいる。

ネッセランデは大ベテランのクロックやクリスティーナを中心にそつのないバレーを信条とするチーム。一方のディナモはバンデホール以外は皆20代前半または10台という若さのチーム。高さでは完全にネッセランデを上回る。試合はどのセットも後半までは大接戦を繰り広げるが、最後の最後にてネッセランデがマッチポイントを得るという高勝負!これぞ経験のさなのだろうか。結果は3-0でネッセランデの勝ち!それにしてもネッセランデの強さの秘密はなんだろう!ベテランで固めたそつないバレーだけでここまで安定するものなのか?去年から勝ち続けているのは国内だけではない。トップチームスカップでも決勝まで連戦連勝し続けた。スターは誰一人いないこのチームの強さの秘密とは?その辺をブランジェ監督に聞いてみたい。次回の観戦の時にはぜひ聞いてみよう。

アントワープからロッテルダムまでわずか98キロ。車でおよそ55分。
ヨーロッパにいることの最大のアドバンテージは、車でどこでも行けることである。
[PR]
by luckynoby | 2004-11-13 05:03


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧