NOBYの地球ひとっ飛び ~ブログ編~


luckynoby2@yahoo.co.jp 
by luckynoby
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
欧州バレー便り!
Everyday is Gray!
カテゴリ
以前の記事

<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

頑張れよ!!!


以前ブログにも書いた元全日本選手の彼!

海外でのプレーを夢にオーストリアでトライアウトを受けたのが5月。
先日契約書にサインを入れて先方のチームにファックスを入れた。
これで無事契約終了!来シーズンの進路が決定した!

オーストリアのチームでトライアウトを受け、合格をもらった彼、
しかし大どんでん返しでプレー先はデンマークに!!!

彼の中では「海外プレー」という夢の実現と同じくらい大事だったのが、家族の絆。この面においてオーストリアよりもデンマークのチームの方がより手厚く受け入れてくれることがポイントとなった。そして勿論給料も。

出発は8月13日。ベルギーにまず来て、その後デンマークへと飛ぶ予定!

夢実現に向けがまた一人バレーボーラーが欧州リーグへ参加する。

頑張れよ!!!

NOBY

追伸:頼んでおいた懐メロ200選のCDは作ってくれたかな・・・。
[PR]
by luckynoby | 2005-08-06 07:28 | Tryout

フランスチームの強さと弱さ

久しぶりに見たフランスチーム。
昨年よりセッターが2人入れ替わった。新キャプテンはアンティガ。
メンバー的にはスタメン7名の中、3名が若手となった。

にもかかわらず今大会のフランスはチェコと並び、そのソツのないバレーでしっかりと強さをアピールし、世界選手権の出場権を難なく獲得した。特徴は変わることのない守備の堅実さと効果抜群のコースを狙ったサーブ!守護神のエノとアンティガのスーパーディフェンダー2人に加え新人のレフトスパイカー、サミカも堅実な守備力を持ち合わせる。サーブの返球率が非常に高くなった事により攻撃のバリエーションが非常に豊富となる。特にセンター攻撃が素晴らしい。 

サーブは力任せのサーブではなく、徹底的にコースを狙ったジャンピング・フローター。ネットギリギリに狙うそのサーブはレシーバー達が最も苦手とするコースだ。

また相手チームによってはグランボルカを効果的に投入する。強烈なジャンプサーブと攻撃力は問題ないが、サーブレシーブに一抹の不安を持つ選手だ。強いサーブを武器とするチームには守備の良いサミカを、そうでない場合はグランボルカを先発として起用するのが今年のフランスの戦術のようだ。

「相手が今回のようなレベルであるから、強いのであって、相手が同レベル以上のチームの時にどう戦うか、それがまだまだ新チームとしての経験が不足している我々の課題である」(アンティガ)

確かに今大会では強さが目立ったフランスであるが、総合的なレベルが若干下回るチームとの対戦であったのは間違いない。先のワールドリーグでは、イタリア、ブルガリア、キューバとの同プールで最下位の4位に終わった。

世界の強豪チーム=ブロックに強いチームとの対戦に弱さを見せるのだろう。ラリーが続いた時に決めてくれる大砲も必要となるに違いない。フランスといえども世界一を狙うには課題はまだまだ山積みである。
b0046170_552312.jpg

[PR]
by luckynoby | 2005-08-03 05:17

お粗末だったフランス大会


欧州一バレー人気の高いポーランドと比較するのは間違いかもしれないが、カンヌでの世界選手権最終予選は非常にお粗末な組織運営であったと言わざるおえない。

まず初日会場に到着し目を疑ったのは、冷房のないサウナ状態の体育館。かなり古い体育館だったので、冷房装置がなかったのだろうが、夏のカンヌは連日30度を超える暑さに加えて高い湿気・・・。日陰に入れば多少涼しくはなるものの、刺すような暑さと、流れ出る汗は外にいるだけで体力を消耗してしまうほど。窓を閉め切っていた体育館内は余裕で35度を超えていたと思われる。こんな中試合をしなければならない選手は勿論気の毒なのだが、まさかそんなうだるような暑さの中で仕事をするとは思ってもいなかっただけに私自身もショックを隠せなかった。ウチワでも持参すべきだった。

さらに目を疑ったのは、フランスのプレス関係者の数の少なさだ!正味記者は3名ほど。オランダの記者の数の方が多かったというのも、いやはや・・・。自国開催の世界選手権最終予選であるならば、当然のことながら注目されてもよいはずであるが、そんな様子は全く無し。会場内外では大会ポスターも見かけずだ。ちなみにポーランドでは最低50名のプレス関係者がいた。(一般紙、スポーツ紙、ローカル紙、スポーツ雑誌、ラジオ、テレビ等)

プレスが少ない為か、なんとあるべきはずのプレスコンファレンスすら行われないという前代未聞の事態!記者会見用の部屋と場所は用意されてはいるのだが、人が集まらない。というか、フランス協会の大会運営がお粗末過ぎる為、何の伝達事項もされないのだ。個人で試合後記者会見場に行ってみたものの、関係者は誰一人としておず、その直後敗戦チームの監督が通常の大会の流れで記者会見場に足を運んできたものの、抜け殻の会見場に驚き、しばらく様子を見てはいたものの、一向に誰もくる気配のない、その風景に呆れ果てて帰ってしまった。どうやら試合後のコメントは担当者が個別に監督、キャプテンの元へ行きコメントをとっていたようだ。 こんなのありかよ!!!

試合開始前の国歌斉唱では曲が流れず(待つこと1分)、試合途中(タイムアウト中)の踊り子によるダンスも、長いバレー観戦歴で最低レベル、MCで使われる曲も、何故だかタイタニックのテーマソング(どうやって盛り上がれっつうの?)・・・・とにかく最低の大会運営だった。

どうにかせーよ、フランス協会!!!!

b0046170_2293322.jpg

3連勝で世界選手権の出場権を獲得し喜ぶフランス主将のアンティガ
[PR]
by luckynoby | 2005-08-03 02:27 | Match Report

カンヌ・ニース・モナコ

b0046170_435301.jpg

から昨日戻ってきました。どうだったって?
そりゃもう暑いのなんのって!!!それに尽きる!!!
出発した日のベルギーは気温20度。到着した際のニースの気温は32度。
そりゃもう空港の外に出た瞬間汗がドバ~と噴出してきたのは、同行していた超汗かきのヤスさんでした(笑)。

と・に・か・く今回の6日間はそれはもういつも以上に歩いたよ。まずは空港からのエアポートバスの降り場を1つ間違えて歩き、スーパーが近所に無くてこれまた歩き、体育館のバスの降り口を間違えまた歩き、行きたかった観光地までのバスがストライキで、泣く泣く電車で行ったものの、最寄の駅からは30分の坂道を歩き・・・ とまあ、予定外のウォーキングだけでもこんなにあったのでしさ!いつもは歩くのも結構スキなんだけど、さすがに32度の灼熱地獄の中ではやはりキツカッタ^^;

それでも海はやはり綺麗だったね。エメラルドブルーなんだけど、濃いブルー、薄いブルーと分かれていて、それも同じ海面で、同じ時にこのようなコントラストがはっきりと海面に写るんだ。その眩しいくらいの綺麗さは感激以外のなにものでもなかったね。そして浮かんでいる超セレブな自家用ヨット&クルーザーの数々!

そんな海とセレブなヨットにに感激し、「よし!老後はここいらにアパートでも買うか!」と何気に不動産屋の前で立ち止まり物件を見てみたものの、どれもこれも余裕の10万ユーロ超え!!!日本円に直すと・・・え~っと~~~~

い~ち~お~くうううう~えん?!?!?!?!?!? 

無理・無理!!!

ってなわけで夢ははかなく散ったのでした。
[PR]
by luckynoby | 2005-08-02 18:39 | Others


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧