NOBYの地球ひとっ飛び ~ブログ編~


luckynoby2@yahoo.co.jp 
by luckynoby
欧州バレー便り!
Everyday is Gray!
カテゴリ
以前の記事

<   2006年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

欧州チャンピョンズリーグ 1/12   ~その2~

水曜日はマザイク(ベルギー)対ベルカトフ(ポーランド)の観戦!

ポーランドリーグの昨年の覇者ベルカトフには、当然ながらナショナルチームのメンバーが数名いる。セッター、リベロ、オポジットはナショナルのスタメンで、レフトの若手も確か代表だったはず。WLで日本に行ったって言ってたから間違いはない。

ポーランドと言えば欧州で一番バレー人気の高いところ。今回の対マザイク戦もアウェーであるにもかかわらず大勢のサポーター達が応援に駆けつけた。平日夜遅くの試合なのに「翌日の仕事はいいの?」ってな余計な心配もしたくなるほど。そんな熱心なファンが軽く100人はいた。記者もテレビクルーも「アウェーチームからかつてこんなに来たことあったけ?」ってな位の数。改めてポーランドバレーの人気を再確認したものだ。

試合???なんか今年の位マザイクは本当に酷いなあと。

とにかく守備が悪すぎ!そして眼を覆いたくなるミスが多すぎる!「若いチームだから!」なんてクラブの関係者が言ってたけれど、「それならディナモはどうなるよ?」って(苦笑)。特にセンターとSAのオランダ人2人。方や23歳で方や21歳。毎試合必ず良い所でホームランが出るのはいかんだろ?野球じゃないいんだから!20点過ぎてからのマザイクやられっぷりは本当に見事!>勿論悪い意味でだけど。

一方のベルカトフ!このチームのホームへCEVカップの試合を観戦に行ったのが約1年とちょっと前。 http://luckynoby.exblog.jp/m2004-10-01/#702680 その時は全く眼中に入らなかった2人の若手が脅威の成長を遂げてたのにびっくり!同じ若手でもマザイクの若手とは○と○程の差が・・・。特にナショナルチームでもスタメンをゲットした2番のSAはPOLが世界大会でメダルを取るには欠かせない期待の★らしい。WL&世界選手権でも日本を大きく苦しめること間違いなしとみた。>全日本関係者の皆さん要注意でっせ!

この若手2人と、中堅とベテランそれぞれか噛み合って非常にバランスの良いチームに仕上がってるのが今年のベルカトフ。次の1/6(対イラクリス)ではもしかするともしかするかも・・・。それほど素晴らしいチームです!

さ~て次の欧州チャンピョンズリーグ観戦はどこにしよう。。。
b0046170_1263876.jpg

試合後。アウェーでこんな映像をとるなんて。POLのバレー人気はとにかく凄いのです。
[PR]
by luckynoby | 2006-02-18 00:08 | Match Report

欧州チャンピョンズリーグ 1/12  ~強すぎ・ディナモ~

今週火曜、水曜は欧州チャンピョンズリーグ1/12を観戦してきた。
火曜日がロッテルダム(オランダ)対ディナモ(ロシア)で、水曜日がマザイク(ベルギー)対ベルカトフ(ポーランド)。結果は予定通りで、ディナモとベルカトフの勝利!
次のラウンド(1/6)への進出が決まった。

いやはや、やはり勝ち抜くチームは強いよ!当たり前何だけど・・・。

それにしてもディナモの怖いまでの高さ&若さ!今回は会場のかなり上の方からの観戦したんだけれど、彼等の立体的な戦術が非常によくわかった。超がつく高さのブロックが隙間なしにびしっと2枚、3枚ついてきて、そこから相手が1点を取るとなれば、相手のスパイクコースは当然限られているわけで・・・。 し・か・し・そこに待ち構えているのが、守備の名手のエノ(フランス)となればそれも面白いように拾われる。フェイントで逃げたとしても拾われる。欧州内では割と技術があって上手い部類のネッセランデのスパイカー達もブロックを利用して点をとるには取ってはいたけれど・・・。それだけでは勝てるわけがないのは明白だったな。

一方ディナモは超オフェンシブなスパイカー達がその高さとパワーで面白いようにどんどん点を入れていくしね。いやその前に強力なサーブだな。軽く時速100キロを超えるであろう攻撃的なサーブで完璧に相手のサーブレシーブを崩して、その後の攻撃を単調なものにして、そこをお得意のブロックでドカ~ンと押さえ込む!!!このパターンの繰り返し!ディナモは溜め息が出るほど理想的なバレーをしていたね。

試合そのものは1セット目を取った時点でディナモの1/6への進出が決定し、大黒柱のカジスキーや、ポルタフスキーらのスタメンを下げ始めた時点で両チームのモチベーションが下がったのは紛れもない事実!結局この日は完全にディナモの横綱相撲だった。ネッセランデのブランジェ監督も「彼等に完璧な試合をさせてしまった。勝てるわけがありません!」と。

面白くなかったんだけど、面白い試合だった。>そんな感じ。

いつもいつも手に汗握る大接戦もいいけれど、まあこんな観戦もたまにはいいかな。
b0046170_22870.jpg

b0046170_282718.jpg

          ↑ディナモの大黒柱のカジスキー
b0046170_29956.jpg

          ↑一押しセンターのボルコフ210センチ、21歳。
b0046170_210673.jpg

          ↑一押しレフトのBEREZHKO
[PR]
by luckynoby | 2006-02-17 19:39 | Match Report

3/60億の偶然!  baby. baby. baby.

昨日の朝、いつものようにメールのチェックをしてみると、
受信メールの1つに BABY! というタイトルのメールを発見!
差出人はベン・ハーディ。オーストラリア代表キャプテンで、現在はベルギーチャンピョンのルッセラーレでプレーをしている。

誕生時間はこの日の朝4時過ぎ!
OWEN KIRK 体重3850グラム 身長53.5センチ・・・
名前と簡単なバース・インフォがパワーポイントで作成されたお手製のカードに記されていた。

電話をして「おめでとう!」を告げようと思ったが、調度この日の夜は欧州チャンピョンズリーグのプレーオフ12(対ツール戦)がある。面と向かって祝福することに決めた!

試合は大接戦の末のフルセットでルッセラーレの勝利!!!

いつものように大勢のファン、関係者に囲まれていた彼とやっと話が出来たのは、
彼がシャワーを浴びた後のことだった。

「今回初めて出産に立ち会ったんだけど、そりゃもう感激だったよ!」
勝利の喜びと第2子誕生の喜び!ダブルハピネスにただでさえ早口な彼がこの日はいつもの2倍速でその喜びをまくし立てた。

**************************

(その5分後・・・)

一方フルセットで負けたツールにも、声をかけなければならない選手がいた。
そのうちの1人がスロボダ~~~ン・ボシュカンさん(何故かこう呼んでいる)。
セルビア・モンテネグロ代表のレフトスパイカー、シドニーの金メダルメンバーの1人だ。

(会うなりいきなり)
HEY NOBY! LISTEN! I’VE GOT A BABY THIS MORNING!

へ?????????????????

You know?   I've got a son! 

いやいや、君の英語はわかるって!(笑)

彼の第2子が奥さんのお腹に宿っていたのは知っていたし、予定日が近いことも知っていた。し・か・し・まさかこの日の朝だとは・・・・。
いや別にこの日2月8日の朝であっても大した驚きはしなかっただろう、
ハーディーの第2子誕生の朗報を聞いていなければ。

Do You know Hardy also got a son this morning? 

Yes, I heard that! 

OH MY... what a coincidence! 


YAP! But you know, Noby, Geric also had his first baby yesterday! 

Ha??????????????????????? You must be joking?


Nooooo, I am not!

いやはや、それにしてもなんという偶然なのだ?
同じ日に敵味方でプレーをしたレフトエース2人に同じ日、それもほぼ同時刻に第2子(男児)が誕生していたとは・・・・・。 ゲリッチも含めればわずか24時間に知り合いのバレーボーラー3人に子供が生まれたことになる。>メデタイ!

ハーディとボシュカン。方や出産に立ち会えたハーディ。立ち会えなかったボシュカン。
試合に勝ったハーディ、負けたボシュカン。
まあしょうがないと言えばしょうがないんだけれど、笑えたのは2人とも見事揃って試合後のドーピング検査に選ばれたってこと。そして2人とも見事に出るものが出なくてビールを何倍も飲んで悪戦苦闘していたってこと。・・・もしかしてこの2人同じ星の下に生まれてるのかも(^0^)

御三方、とにかくおめでとうさんでした。
b0046170_23453171.jpg

                でるものが出て(?)ご満悦のボシュカンさん
[PR]
by luckynoby | 2006-02-09 23:38 | Player / Team

今度はシャワーが・・・

またまたバレーとは全然関係ない話ですんまそん!

今度はシャワーの湯沸かし器が壊れた。
シャワー&風呂が大好きの俺にとってはかなり深刻な問題!

アントワープのNOBY邸(っても単なる賃貸マンションだけどね)、広さは自慢出来ても、決して新しい建物ではなく、半年に一度位何かの不都合が生じてくるんだよね。

昨年の夏は突然トイレの水がタンクにたまらなくなっった。
修理を呼ぼうと左官屋に電話したら「8月いっぱいはバカンスで留守です、あしからず!」なんて具合だったのだ。

今回も壊れたのが先週の土曜日で、土日は彼等(修理工サン達)は休みだから昨日(月曜)に電話したんだけれども、「早くて水曜日の午後!」だって。

なのでしょうがなく下の階のお婆ちゃん(85歳の未亡人)宅のシャワーにお世話になってるのだが、バスタブなしのシャワーのみではさすがに湯舟にはつかれない。それにこのお婆ちゃん寂しがりさんで中々帰してくれないんだよね^^;。

しっかし、今年に入ってからのこのツキのなさ!
本当に今年は年回りが悪いんだな~と実感・・・・・・。

なのでやはり今月2月はしばらく海外には行かないことに決めた!(多分だけど)


明日は欧州チャンピョンズリーグのファナル12の試合を観戦にルッセラーレ(ベルギー西部)まで行ってます。結構なゴールデンカード。今シーズン絶好調のルッセラーレに昨年度欧州チャンピョンのツールの試合!

愛車のポルシェ(そう呼んでるだけだけど)無事でいてくれよおおおお(笑)。
[PR]
by luckynoby | 2006-02-07 17:40 | Others

欧州チームと日本チームの大きな違い  その1


先月末のコッパ・イタリアの開催地フォルリへ行く前にヴェローナに立ち寄った。
目的はオーストラリアのハワードの陣中見舞いだ。何年ぶりだったかな?

北イタリアの悪天候の為に飛行機が大幅な遅延となり、
ベローナ着も大幅に遅れ、予定されてた出迎えはなし!ちっ!(笑)。
直接体育館まで彼に会いにいくことに。

駅から程近い体育館での練習は既に半ば。
内容は単純なスパイク練習!
日本のチームでも必ず見られるそれなんだけれど、直ぐに感じたその異様さ!
?????????????????

「日本のチームと比べて何かが違うぞ!はて、なんだろう?」

しばらく考えてみたら答えは直ぐに出てきた!静かなのだ・・・。それも超!

日本の練習は常に意味なしの(意味はあるのだろうが)かけ声を出してボール練習をしているが、海外では(少なくとも欧州)ではこの「声だし」というのは皆無!
ここベローナのだだっ広い体育館でも聞こえてくるのはスパイクを打つ音のみ!
違いはそれだった!(笑)

練習後久しぶりに再会を果たしたダンちゃんと一緒に彼女の待つハワード邸へ!
[PR]
by luckynoby | 2006-02-05 18:33

How's TORAY?   ~Pは母国で頑張っています~

昨日久しぶりにPと電話で話をした。
Pとは年末のロシアカップで久しぶりに会ったパーシャことアブラモフ。

ロシアカップでは残念ながら決勝で強豪ベルゴリエに負けてしまったけれども、
久しぶりに見た攻守にバランスの取れたプレーは宝石箱のように凄い選手がごろごろいるロシアにあっても、やはり光ってた。さすがだ!

さてそのアブラモフ。電話で、そして会う度に真っ先に聞かれることが1つ。

「ハウ・イズ・トーレ?」

昨日も聞かれた。

『普通はまず「ハウ・アー・ユー?」だろうが!』と突っ込みの1つも入れたくなるのだが、まあそこはぐぐっと我慢(笑)。昨季まで2シーズン在籍した東レアローズがとにかく心配で仕方がないようだ。

グラチャン前(第1レグ)の東レは順位が6位かその辺で、そのことを告げた時には電話口で真剣にチーム状況を詳しく尋ねてきたっけ。そして最後は「大丈夫!あれだけのメンバーとスタッフが居ればしり上がりに調子を上げてくるから!心配はしてないよ!」己にも言い聞かせるようにそう言っていた。

年末のロシアカップで奴と再会した頃の東レは確かNECに次ぐ2位という順位で、
これを伝えた時の奴はただ単に「当然だろ!」とでも言いたげに首を縦に振って頷いたのみ。手土産にテレビ放映のあった今季の東レ戦のDVDを渡した時は(S嬢ありがとう!)予期せぬ土産にとても喜び珍しく感謝の言葉が出てきたのには驚いた(笑)。

年が明けての東レは2連勝!その後は勝ったり負けたり。なかなか白星の数も昨年のようには増えてこないけれど、とりあえず現在の目標は4強入りなのだろう。

先月日本に戻った時、Vの会場で多くの関係者に「東レの(昨シーズンに比べての)不調はアブラモフの抜けた穴が大きい!」と言われた。それ以外の彼に対する嬉しいばかりの多くの誉め言葉も・・・。

東レからの執拗な契約延長の要望にも首を縦に振らなかった最大の理由は、
【選手としての自分をもっと高めたい!】から。

「優勝という目標が達成出来たからこれで心置きなくロシアに戻れるよ!」
助っ人の意味を理解し、責任を無事に果たした彼は愛着のある三島を後にした。

現在ロシアリーグでの目標も勿論優勝!「難しいのはわかってるけど・・・」。

来月初旬再び奴と再会する。
その頃にはVもプレーオフに進む4強も決まっているはずだ。
恐らく、いや絶対にまた聞かれるであろう「ハウ・イズ・トウレ?」

その時に奴の安堵の顔が見れるか否かは今後の東レの頑張り次第!
ぜひぜひ矢島監督並びに東レの選手の皆さん2連覇目指して頑張ってください!
パーシャも東レで学んだリーダーシップでチームを1つにまとめ上げ優勝を目標にチームメートを鼓舞して頑張っています。
b0046170_1295432.jpg

[PR]
by luckynoby | 2006-02-04 19:50 | Player / Team

厄年?

バレーとは全然関係ないのだけれど・・・

今年2006年はどうやら最悪の年になる予感・・・。

1 パリ発成田行きの飛行機で2時間遅延(1月4日)
2 成田発パリ行きの飛行機がまたもや3時間の遅延(1月22日)
3 ↑のおかげでパリからの乗り継ぎに間に合わず空港ホテルに1泊(1月23日)
4 車の中にカギをつけ忘れたままロックアウト
  わずか5分のヘルプに125ユーロ(1月24日)
5 トレビゾへの飛行機がイタリア悪天候の為またまた3時間の遅延(1月27日)
6 T字路にて接触事故、バンパー破壊される(1月30日)


どーだ!これら全て1月に起きたアンラッキーな出来事の数々!

これ以上嫌な事が起こらないように厄払いにでも行ってくるかな!!!
[PR]
by luckynoby | 2006-02-03 06:18 | Others


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧