NOBYの地球ひとっ飛び ~ブログ編~


luckynoby2@yahoo.co.jp 
by luckynoby
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
欧州バレー便り!
Everyday is Gray!
カテゴリ
以前の記事

<   2006年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Interview with EGY coach

バルナにてエジプトの監督(ポーランド人のグレゴッチ氏)と長く話す機会を持ったので、世界選手権における意気込みと、初戦であたる全日本に関しての印象などを聞いてみた。

Q:世界選手権へ向けてチームの仕上がりはどうですか?
A:フェデレーションの方針で私がチームの監督として招聘されたのが5月。選手の選抜は既にされていて若い選手の多さにびっくりした。ベテランはほんの数名。他は全て82年以降に生まれた選手だ。それらの選手達を11月の世界選手権で勝てるチームにするのは非常に難しいだろうし、協会も私もそこまでは望んでいないのが現状だ。世界選手権まであと4ヶ月、とにかく時間がなさ過ぎる。この短期間で教えたいことはたくさんあるが、WLなどの国際試合もこなさなければならず、今はゲームを通しての経験をつませることを強化の第一目的としている。我々の目標はあくまでも来年のアフリカ選手権で勝ち北京五輪の出場権を獲得することであり、世界選手権はあくまでも通過点でしかない。

Q:エジプトチームの特徴を教えてください。
A:今回バルナに来ている選手達は正直国内リーグでプレーをする実力しか持ち合わせていないだろう。しかしながらポテンシャルは非常に高い。実際第1セッターのアハメッド(2番)は今シーズンからイタリアのトレビソの一員となることが決まっている。チームの特徴としては若いということにつきるが、強いて武器をあげるとしたら強いサーブを持つチームだ。

Q北京五輪に向けてどのような強化をしているのですか?
A:エジプト協会は近い将来バレーをプロ化させる方針でいる。加えて選手を外に出すことにも積極的になってきた。セッターのアハメッドがトレビソに行くことにより、来年からはもっと多くの選手が外に出て行くだろう。13番のバドウィなどは既に海外からのオファーも多くある。これらの選手達がプロ魂をエジプトに持ち帰ってきたときにナショナルチームは飛躍的に実力をつけるだろう。

Q世界選手権予選A組は比較的楽なプールです。この組み合わせを聞いた時どう思いましたか?
Aポーランド、アルゼンチンには歯が立たないかもしれないが、日本や中国とは昨年もいい試合をしているので自分達のバレーをしていけば勝てる可能性は十分にあると信じている。プエルトリコには勝てると思っている。BやCなどのプールに入ったとしたら1勝もあげられないであろうことを考えるとこのAというプールに入ったのはラッキーだった。来年以降の五輪予選のことを考えても、BやCの実力差がありすぎるチームと戦うよりも、比較的戦いやすい対戦相手としっかりと自分達のバレーをして経験をつまむことに重点をおきたい。難しいだろうが、頑張って予選突破を目指したい。

Q:世界選手権での初戦は対全日本です。日本チームにはどういった印象を持っていますか?
A:実際にシニアチームを目にしたのは2004年のワールドリーグで彼らがポーランドにやってきた時。2005年のユニバシアードでは私が監督でポーランドは日本に0-3で負けた。非常にいい選手が揃っていると思う。身長に恵まれていない分守備が非常に堅実なバレーをしている。経験の全くないユニバレベルの欧米チームがほとんど初めてといっていいアジアの守備型バレーに戸惑い負けることはあっても、シニアレベルで世界のトップになるためにはアジア型のバレーは正直厳しいと思う。

Q:世界選手権の一次リーグであたるそれぞれのチームへの勝敗予想を%でお願いします。
A:我々が自分達のバレーを出来たとして、ポーランドとアルゼンチンには30%、日本と中国には50%、プエルトリコには60%。

See You in JAPAN!
b0046170_2213834.jpg

[PR]
by luckynoby | 2006-07-22 22:12 | Interview

World League 2006

が先週から始まっている。全日本は初戦でセルモンを下したとのこと。いくら大黒柱2人が欠けていた相手とはいえ、また大勢が時差ぼけでフラフラの状態だったとはいえ勝ちは勝ち!強豪チームからの勝利をあまり経験していない全日本にとっては非常に価値のある一勝になったに違いない。素直におめでとうございます!

ロシアもフランスに負けたそうな。それもホームで。これもまた番狂わせ。チームの形を模索中の若いフランスと北京に向けて順調に形が出来つつあるロシアにはかなり力の差はあるはずなのだが、慣れないフランスの守備型バレーに戸惑ったのだろうか。開催国としてファイナルラウンド進出が既に決まっているロシアと、ファイナルを目指すフランスとではモチベーションも違っていたのは容易に予測がつく。ましてや大会初戦というのはどこのチームも大抵緊張するものだし、地元ロシアはその辺が微妙に影響したのかも。

「第1週はどこに行こうか?」とかなり考えた末結局ブルガリアのバルナに行くことにした。何といっても黒海沿いの避暑地だし、あのリラックスした雰囲気が好きなのだ。ブルガリアの対戦相手エジプトは去年のグラチャンでも植田ジャパンと良い勝負をしたと聞くし、なんといっても世界選手権での日本の初戦の相手だからね、一度位見ておく必要はあるだろうと。

「若い!」それがエジプトチームに関する印象。登録メンバー18人中14人が82,83、84年生まれ。今回ベテランは不参加で、特にチームの大黒柱のアワドの不参加が痛かった。初参加のワールドリーグの初戦、エジプトバレー史上初の対ブルガリア戦、しかも観客全員を敵にしてのアウェー戦。これらの要因が重なれば試合経験の少ない若い選手達が浮き足立つのは然るべきだった。緒戦の第1セットことブルガリアの凡ミス連発に助けられてフルセットまでもつれこんだものの、他セットは実力の違いをこれでもかと見せつけられる結果に。何しろ若い選手達が「勝てるわけない!」とその実力の違いを肌に感じながらプレーしているのがコート外からでもわかるほど。これで百戦錬磨のブルガリアの選手達に立ち向かおうとしてもあっさりといなされるのは当然といえた。「大事なことは経験をつむこと」(監督)それがエジプトの現時点での一番の目標。若い彼らにとっては価値ある敗戦だったろう。

「ずばり世界選手権で全日本に勝つ可能性は50%」エジプトのグレゴッチ監督はそう断言したが、今回のようなエジプトが相手ならいくら大黒柱が戻ってこようとも、よほどのことがない限り世界選手権初戦での全日本の勝利はまず堅いのではないだろうか、そう予測する。「我々の目標は北京五輪の出場権のかかるアフリカ選手権」(監督)というようにエジプトいとっては世界選手権ですらワールドリーグと同じく若手に経験をつますためのステップにしか過ぎない。世界選手権ベスト8を目標に掲げる全日本が負けるわけにはいかないのだ。しかしながらこの50%という確率、若い選手達がワールドリーグでの経験を通じて急激な大成長を遂げ、早い時期にチームが完成形に近づいたとしたらこのパーセンテージはかなり大幅にアップするに違いない。
b0046170_2292833.jpg

[PR]
by luckynoby | 2006-07-22 01:04

Summer greetings from Antwerp!

ベルギーのここ最近の天気はすこぶるよろしい。平均気温は23℃ほど。湿気も低い。サンサンと輝いている太陽もそれほど激しい日差しを投げかけるわけでもなく、時々吹く柔らかな風がとても心地よい。これ以上ない位のすがすがしさを体感させてくれる毎日だ。長い日照時間が終わり始めるのは夜の10時を過ぎてから。オープンテラスで夕陽を鑑賞しながら家族や友人達と団欒している光景はこれぞまさに典型的なベルギーの夏の風情なのである。

そんなベルギーと言えばナショナルチーム男子が数十年ぶりに欧州選手権予選を勝ち抜き本選出場を決定した。前回は地元開催でのホスト国としての出場だから実力での本選出場は恐らく初だと思われる。世界選手権出場に出場するドイツやチェコですら未だ出場を決めていない中本当に快挙だ。悲しいかなサッカーのワードカップ開催中の今ベルギー国民の誰もこの事実を知らないんだけどね(苦笑)。

そんな欧州選手権といえば来年9月の開催。開催地はまたかよ~のモスクワとサンクトペテルブルグ。サンクトペテルブルグはまだ行ったことがことがないが非常に風情たっぷりの良い街らしい。京都のようだとか。よし、参加チームに関係なくサンクトペテルブルグに行くぞ!決定!!!そろそろイタリア、ロシア、セルモン以外の国に優勝候補として出てきてもらいたいっす。

そんなイタリア、ロシア、セルモンと言えば目下今年のワールドリーグ&世界選手権で優勝を目指してチームを作っている真っ最中!いろいろな情報&噂は入ってくるものの、やはり自分で確かめに行かないとね。ってわけで今年はワールドリーグの予選にも積極的に観戦旅行に行ってくるつもり。いっそ毎週観戦もありかな?なんて気になって第1週日本、第2週韓国なんて観戦予定もマジで立てたんだけど諸事情により断念!うーむ残念!

そんな第1週の日本と言えば、対セルモン戦。そうそうセルモンは大黒柱が来日しないそうっす。本人が言ってた。若手に経験を?ってお前まだ26歳じゃん!ってつっこんだけれど、きっと長旅が嫌なのに違いない(笑)。まあこれは全日本にとっては朗報?全日本にも勝利のチャンスはあるかもね!このチャンスを逃したら恐らくその後1勝も出来ないと思うから、ぜひ頑張って勝利をゲットしちゃってくださいよ。

そんな全日本対セルモン戦と言えば、セルモン大会を観戦しようかな~と目下検討中!

そんな目下検討中といえば今年のバカンス。日程は7月前半2週間。ってもう今日から7月じゃん!
早速今からラストミニッツで格安フライトのチェックだ~。
[PR]
by luckynoby | 2006-07-01 22:36


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧