NOBYの地球ひとっ飛び ~ブログ編~


luckynoby2@yahoo.co.jp 
by luckynoby
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
欧州バレー便り!
Everyday is Gray!
カテゴリ
以前の記事

<   2007年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ちょびっとインタビュー   ~ Stefan Hubner (GER) ~

欧州リーグ第2戦のベルギー対ドイツ。この日ドイツの大黒柱のヒューブナーはユニフォームに袖を通すことなく、ジャージーのままエンドライン3列目の一番端っこの客席から試合を眺めていた。関係者によるとこの日朝食をとった後、いきなり体調不良を訴え嘔吐を繰り返していたという。久しぶりに試合後簡単に話でもしようと思っていたのだが、試合途中から姿を消した彼をその後体育館で見かけることはなかった。一足先にホテルへでも戻ったのだろうか?

試合後簡単に仕事を済ませ体育館を後にし車に向かう途中:

H: Hey Noby!!!

ドキッ!予期せぬその声のする方角に振り返ると、
そこにいたのはベンチに座り日向ぼっこをしているヒューヒューヒューブナーだった。 \(^0^)/


b0046170_22383480.jpgN:今日はどうしたの?
体調を崩したって聞いたけど。

H:うん、ホテルの朝食で多分スクランブルエッグだと思うんだだけど、腹は壊すし、頭は痛くなるし、
吐き気はするし、そりゃもう辛かったよ。今は大分良くなったけど。

N:昨日はロッテルダム行って「オランダ対スペイン」を見てたから来れなくて、
今日はぜひステファンのスーパーブロックを!って楽しみに来たんだけど。残念だったよ!

H:あはは、嬉しいこと言ってくれるなあ!(笑)

N:ところで来シーズンはいよいよトレビゾに移籍するって聞いたけど。

H:うん、その通り。今シーズンは本当に調子が良かったから。
でもまさか優勝チームのトレビゾからオファーが来るとは思わなかったよ。

N:以前はシーズン中必ず怪我をする「ガラスの足」の持ち主だったもんね。もう全く心配ないんだ?

H:全くかどうかはわからないけど今シーズンは問題なかったね。

N:トレビゾは今年の優勝チーム!そのチームが優勝メンバーを放出してまでも欲しがるんだから大したもんだ。オファーも破格だったのかな?ずばり昨年度の何パーセントアップ?

b0046170_2245279.jpgH:うーんと・・・・・ (と考えて)、100%かな!

N:考えるまでもないじゃん!(笑) 
しかしまあ100%とは凄いアップだ!
ところで昨日は3セットで9本ブロックを決めたらしいけど?こりゃまた凄い数字だね。

H:うん。昨日は面白いようにブロックが決まった。

N:トレビゾではグスタボの対角センターになるわけだ。
これで世界のトップ2のセンターを得たトレビゾはますます強くなる。ところでドイツチームの今年の目標は?

H:今年の目標はやはり欧州選手権でなるべく上位に行くこと。割りと楽なプールに入ったから頑張りようによってはメダルも可能だと思ってる。

N:そしてその勢いを持って来年の大陸予選か最終予選で五輪切符獲得を目指すと?

H:うん。自分が五輪を狙えるのは恐らくこれが最後!今のドイツチームは本当に日に日に強くなっているチームだし、安定感さえ増していけば上位に食い込めると思うんだ。まあ同じようにライバル国も日に日に強くなっているとは思うけれど。

N:ところでさ、今日のドイツはBチームだったけど、あの若手のポテンシャルはとにかく凄いな!
ロンドン五輪を見据えて彼らが順調に育てばメダル候補になり得るんじゃないかな。
ぜひベテランセンターとして頑張ってそれまで続けようよ!

H:あはは。そんな先のことは考えられないな。まずは北京五輪に出たいよね。
b0046170_22511512.jpg

[PR]
by luckynoby | 2007-05-29 16:15 | Interview

ベルギー対ドイツ       ~ヨーロピアンリーグ~

昨日はベルギーの首都ブラッセルより20キロばかりのルーベンでベルギー対ドイツを観戦!

4年位前から協会運営に本格的に力を入れ始めたベルギーバレー。代表チームも着々と実力をつけ始めており、今秋には悲願の欧州選手権(9月ロシア)にも参加する。女子の欧州選手権はベルギーとルクセンブルグとの共同開催だ。イタリアセリエのクネオで長く活躍するワイズマン(欧州リーグは不参加)や、マチェラータのライマカース、ギリシャチャンピョンのイラクリスから来季はロシアのベルゴリエへ移籍するセッターのデペステレなど実力者は多い。

一方のドイツ。世界選手権でも9位と好成績を収めた欧州の新興勢力。高さが持ち味のチームで特にセンター線のヒューブナーとベルグマンは世界でも屈指のブロック力を持ち対戦チームを威嚇する。ベルギーとの第1戦ではなんと3セットで9本というブロックをヒューブナー1人でたたき出した。欧州CLのMVP男ショップスもエースとして力を急速につけている。北京五輪の最終予選の開催も決まり悲願の五輪出場にむけて着々と強化が進み欧州トップグループに食い込む実力をつけてきているチームだ。

さてこの日の試合。 

前日とはがらっとスタメンを変えてきたドイツ。ヒューブナーにいたっては朝から体調を崩しベンチ入りすらしていない。「こりゃドイツ厳しいな!」と思うも、ベルギーも本来のベストではなく、レフトのホホがオポをこなすという苦肉のチーム構成。試合内容そのものは高さのドイツ、粘りのベルギーとそれぞれの持ち味を見せながらのものだったが、如何せん急造チームでミスの多い両チーム、フルセットとなるものの実に大味な展開であった。ベルギーにしてみれば世界選手権9位のチームからあげた嬉しい1勝。ドイツにしてみれば若手を試す試験的な試合だったというところか。

その若手中心のドイツ。とにかくデカイ!212センチのレフトのクロムが23歳、同じく212センチのセンターボーメが21歳、207センチのヒュンターも同じ21歳・・・、そしてこの日トスを上げてたセッターは202センチのデンネと、この日スタメンに入った6人の平均身長はなんと204センチ。プレス席(サイドライン脇)から真近に見るドイツチームはまさに「コート上にそびえたつ動く高層ビル群!」(←古館アナ風)のようで、正直そのあまりものデカさかに一瞬身震いがしたほど。そしてこの若い巨人君達、まだまだ線は細いものの、動きがとにかく素晴らしいんだな。今はさすがに経験不足で簡単なでミスも多いものの、場数を踏んでいけば必ずや恐ろしいまでの選手になると予想!!!

試合後はこの日1人皆と別行動を取っていたヒューブナー、イスクラでジバとチームメートになることが決まった欧州CLのMVP男のショップスとも談笑。 その時の話はまた後ほどアップの予定は未定。

Belgium vs Germany: 3 : 2 25:23 15:25 21:25 25:22 15:12

b0046170_19153124.jpg

b0046170_1916632.jpg

                  ↑14番、18番デカスギ(共に212センチ)
b0046170_5312677.jpg

[PR]
by luckynoby | 2007-05-28 14:01

目を疑うベストレシーバー部門???      ~WL第1週~

一昨日から始まったワールドリーグ。今のところ力関係通りと思われる結果が出揃い予想を裏切るような結果はまだ出ていない。中国がポーランドに、韓国がブラジルにそれぞれフルセットの惜敗という頑張りを見せたようではあるが、今後はどうだろう。去年日本が初戦で時差ぼけ真っ最中の2軍のセルモンに勝ったように序盤ならではのびっくりするような勝敗結果はあるのかな。今日以降の結果に期待しよう。

ただまだ始まったばかりとはいうものの、部門別の個人成績では超ウルトラスーパーに驚いたことがある。

ベストスコアラーのWINIARSKI Michal (POL) 37points 
ベストスパイカーのYordanov Boyan (BUL) 68.18% 
ベストブロッカーのOstapenko Alexei (RUS) 1.33/set 
ベストサーバーの Yordanov Boyan (BUL) 1.0/set

これらはまだいい。

しかしだ、

ベストレシーバー

1 Kaziyski Matey (BUL) 85.71


えっ? 嘘だろー! 
あり得えねー!!!


対角レフトにレシーブの名手のコンスタンチノフがいることもあり、去年まではいつもはそこが穴だ!
とばかりに狙われていたはず。

第1週ならではの「何かの間違い」なのか。それとも唯一苦手だったレシーブも脅威の成長で改善されつつあるのか。(世界選手権最終日ばったり会場で出会ったガイチさんが「カジスキーのレシーブ悪くないよ。単に攻撃が目立つだけで」とを評していたこともあるしし、恐らく後者なのだろう) 本人は恐らく「あはは、何かの間違いに決まってるだろ!」と謙遜すると思うが、確実に苦手のレシーブが改善されているのであれば、やはり日本の某監督がそう予言したように「21世紀のカーチキライ」に着実に近づいているのに間違いはないのだろう。うーん、恐るべし家事好きー。

Q:驚きのレシーブ部門第1位の感想はどうですか?  

ちょっくら訊いてみよう!^^)
[PR]
by luckynoby | 2007-05-27 09:55

今年のワールドリーグ

インターコンチネンタルラウンド(予選ラウンド)にはそれほど興味をそそるカードもなく、また観戦しに行きやすい都市でのカードもあまりなく実際に観戦に行くかどうかはまだ未定!ただ観戦に行かなければ今年はもう見れない?っていうチームもあるわけで、なら観戦しとかねばなるまいか!ってのも正直なところ。

A:ブラジル、カナダ、フィンランド、韓国
B:イタリア、フランス、アメリカ、日本
C:ロシア、セルビア、キューバ、エジプト
D:ポーランド、ブルガリア、アルゼンチン、中国

例えばプールCのセルビア。同プールにはロシアもいるし、主軸が抜けたセルビアにとって決勝ラウンドへ進むのは普通に考えれば難しい。

プールBのイタリア、アメリカ、フランスによる星の潰しあいも見ものではあるものの、決勝ラウンドに上がるチームは1チームだけ。うーん、予測すら出来ない。

プールAはブラジル、プールDはポーランドかブルガリアだろうけど、ポーランドが決勝ラウンドのホスト国ということもありブルガリアの決勝ラウンド行きはまず堅い。

となるとやはり観戦するとしたらプールCのセルビア対ロシアか、プールBの3強が絡むどれかか。
いや待てよ、このうちアメリカ以外は9月の欧州選手権で見れる!となるとアメリカの絡む試合かな?
[PR]
by luckynoby | 2007-05-27 08:24

オランダ対スペイン       ~ヨーロピアンリーグ~

を昨日観戦した。欧州リーグの初日となったこの日、会場はVIP席なども臨時に設置されノリノリの演出も重なりオレンジ色の観衆達は試合前から大盛り上がり!

オランダは39歳のクロックを除けばスタメン平均は25歳位?の超若返り。監督にブランジェ、コーチにズベルフェルと知る人ぞ知るオランダ黄金期の2大黒柱が指揮をとる。当時程の超巨人軍団(ガリバー軍団)というイメージはないもののセッターを除くほぼ全員が2メートル超え。やはりデカイ!!!イタリアでプレーするホルスティンクスやボンチェは勿論、国内でプレーをする若手達がすくすく竹の子のように成長してきた。やはり素材は抜群だ!見据えているのはロンドン五輪かも。

対するスペインは監督にイタリア人のアナスターシー氏(シドニー五輪のイタリア監督)を今年から迎え本格的に強化に乗り出し始めたようだ。大黒柱のパスカルはさすがに欧州リーグには参加しないものの「欧州選手権に照準を合わせて復帰させる」とのこと。セッターとオポのファラスカ兄弟も、センターのモルト、レフトのデラフェンテとベテラン達も皆レギュラーとして健在。そこに前回の欧州選手権でスパイク賞をとった脅威のジャンプ力を持つ男・ロドリゲスも更なる成長を遂げチーム力は一段とアップ!

フルセットまでもつれ込んだこの日の試合。お互いに初戦ということもありミスの多かった試合で審判の誤審も多く「良い試合」では決してなかったが、それでも最終セットは両者譲らぬシーソーゲーム展開。後半スペインが2点リードしマッチポイントを手にするも、ギリギリ入ったと見えたサーブをアウトとされ、逆にその直後オランダのサーブが2点連続でエースとなり逆転。最後もそのまま強いサーブで崩しチャンスボールを無難な攻撃でエースに打たせてジ・エンド!どちらが勝ってもおかしくない試合は地の利も手伝いオランダがものにした。

今日はベルギー対ドイツを観戦予定!
[PR]
by luckynoby | 2007-05-27 07:59 | Match Report

プロ選手とは? 

海外でプレーをしてみたいと思っている日本人選手は多いと思う。
本気で海外行きを考えてる選手。ただ漠然と「機会があれば行ってみたい」と思う選手・・・。
実際この5年間だけでも多くの選手から「海外挑戦」に関しての相談を受けた。
海外でバレーをすることの現状を知ったあと、諸事情により断念した選手は多い。
勿論夢を現実にし海外に羽ばたいて行った選手もいる。

先日このブログで「リベロ募集」の告知を出し多くの方からメールをいただいた。
実際にメールをくれた選手の皆さんには感謝したい。

『海外』に挑戦するということ。

海外挑戦を夢見る選手はそこ(海外)に一体何を求めるのだろうか?

日本より確実にレベルの高い場所でプレーをしたいから?
日本とは違うスタイルのバレーをしてみたいから?
日本ではプレーをするチャンスがないから?


個人によって海外に出て行こうとする目的は当然違うだろう。

メールを送ってくれた選手の多くが使っていた言葉『プロ』という2文字。

「プロとして海外でやってみたいんです」

そう言う選手の皆さんにあえて訊きたい。

「あなたにとってプロ選手とはどういう選手ですか?」
[PR]
by luckynoby | 2007-05-24 22:37

昨日

バレー界のベッカム (2003年WCフジテレビより) と話をした。

来季はロシアリーグに行くそうな。 本人が明日サインするからもー言ってもいいよ!って

この前話をした時は「ポーランドかロシアか」jなんて言ってたんだけど。

やはり プロは金!!!

家族を残しての単身赴任だそうだ。

まあ彼はレセプションをはじめとするディフェンスが得意だからロシアが欲しがるのもよーく納得!


それにしてもジバに ショップスに ベッカム(?)と

大物が派手に動く今年の欧州バレー界!!!

あとは イバンとマテイ か・・・ 

気になる超大物2人の来季の行く末は

近いうちに発表されるはず!             多分。
[PR]
by luckynoby | 2007-05-22 14:32

携帯電話

最近携帯のチップを変えたおかげで、
ここんとこかかってくる電話は全て名前ではなく番号が表示される。
これって結構面倒というか、相手が誰だかわからないってのはちょっとしたビクビクもん。

一昨日映画を見終わった後タイミングよく携帯がなった。

00359888・・・

359はセルビアだったかブルガリアだったか。とりあえず出る。

Hi Noby, how it going?
ハイ、NOBY、どうよ調子は?

やべー、完璧に声だけでは相手がわからん。



Oh hi, I have just watched a film... it was so boring...
What about you? Are you doing OK?
(オーハイ!たった今映画館で退屈な映画を見終わったところ。
どうよ、そっちは?元気にしてる?)
にもかかわらず調子を合わせるお調子者の俺!
そして相手が誰かわからんにもかかわらず会話を続けようとする俺。。。。

Well... I am so exauted. I need some vacation!!!
(めっちゃ疲れてるよ。何日間かバケーションが欲しい!!!)

・・・とここまで来てやっと相手がバレー選手であることの予測がついた。
しかし、誰だかがわからん。 フレンドリーであることは声のトーンでわかるから敵ではない。
しかし誰だ?誰だ?誰だ?
よーーし、このままトツボにはまるよりは訊いてしまえ!!!

May I ask who is calling????
失礼ですがどなた様でしたっけ?

NOOOOOOOOOBYYYYYYYYYYY!!!!
"Can't you recongnize my voice?"


"Sorry NOT!"

風邪気味の君の電話声まではさすがにわからないな。家事好きよ。
[PR]
by luckynoby | 2007-05-21 04:41

Nの大村キャップと、東の米山くん

はまるで兄弟か?と思わせるくらいに良く似てる!
前回日本に帰ったときに、大阪で最初東レの米山君を側で見て「似てるな~」と。
だから直接訊きいたのだ。「NECの大村キャプテンに似てるって言われない?」って。
すると本人が答える前に「でしょう、でしょう!ホラ、言っただろ?絶対に似てるんだよ!」
と横槍を入れてきたのは側にいた篠田『なんちゃって?』キャプテン!
本人は「よく言われるんですけど、そうですかね~!」なんてノホホンと答えてたけど。

でもってその後今度はNの大村キャップと話する機会もあったので、
初対面にもかかわらず「東レの新人君の米山選手に似てるよね~」と言ってみた。
「いやー全然存じ上げないのですが、そんなに似てますか?光栄だなー」とのこと。
初めて話をしたんだけれども大村キャップは非常に感じのいい好青年だね。

しかし顔が似てると声も似てる。そして2人の好青年ぶりも超似てた。

さっきネットサーフィンしてて黒鷲で胴上げされてる大村キャップの写真を見て、
2人のことを思い出してしまった次第なのであった。
[PR]
by luckynoby | 2007-05-18 09:42

ヨーロッパリーグ

ってのがある。ワールドリーグの欧州版だ。
参加チームは当然ながら欧州勢のみ。よって移動は欧州内だけだし、
ワールドリーグのような多額の賞金もかかっていない。
WLは出場するだけでかなりの金をFIVBに支払わないといけないが、ELはそれもない。
世界ランクの上位チームはWLに参加してしまうため、
出場チームはWLに比べると若干ランクが落ちてしまうが、
それでもそこはレベルの高い欧州。今年は欧州選手権前、そして五輪前年ということもあり、
強化に本腰を入れるチームが続々と出場を決定した。

ドイツ、オランダ、スペイン、ベルギー、ギリシャ、チェコ、ポルトガル、スロベニア、
ラトビア、スロバキア、ルーマニア、トルコの12カ国。

4カ国が3つのグループに分かれてホーム&アウェーを戦う。週末2試合というのもWLと同じだ。
幸いベルギー、オランダが同グループなので、
今年の夏はベルギーかオランダへ繰り出して、この両チームとドイツ、スペインの観戦が主になるだろう。

まず5月最終週(26&27)のカードはオランダ対スペインと、ベルギー対ドイツだ。
さてどちらの観戦に行こう。車でロッテルダムまでは55分。ルーベンまでは50分。迷う所だ。
[PR]
by luckynoby | 2007-05-17 23:40


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧