NOBYの地球ひとっ飛び ~ブログ編~


luckynoby2@yahoo.co.jp 
by luckynoby
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
欧州バレー便り!
Everyday is Gray!
カテゴリ
以前の記事

<   2007年 06月 ( 16 )   > この月の画像一覧

観客を唸らせる何か・・・

結局毎夏恒例のバルカンバレー観戦の旅は急遽止めにた。理由はこの前ロッテルダムで車両荒らしにあってしまいカメラとその他数点が盗まれて、それらを再購入するのにかなりの出費が重なり金欠であることもあるけれど、まあそれよかポーランドとブルガリアがそれぞれファイナルラウンド行きを決定してるってのが大きかった。それに家事好きーのいないブルガリアは 「クレープを入れない珈琲」みたいなもの (←ってCMあったな昔だけど)」 ニコロフ大先生も好調にはほど遠いし、ヨルダノフも病み上がり!キャプテンのコンスタンチノフも復帰したばかり。
まあホームとは言えブルガリアがポーランドに勝つ可能性は低い かな?と踏んでしまったからね。そしたら急にトーンが下がった↓のだ。 DVDは後でゲットすればいいさ。

ならば地元でベルギー対スペイン足を延ばしてロッテルダムでオランダ対とドイツを満喫しようじゃないの!当初はブルガリア対ポーランドを見た翌週にセルビアでセルビア対ロシアも観戦するか!なんて予定も立てたけれど、ロシアもファイナルラウンド行きを早々と決めたし、まあセルビアには7月にバスケの関係で行くことになりそうなので、まあいいっかと。セルビアチームの皆さんとは欧州選手権@モスクワで会いましょう!ワイルドカードの可能性?貧乏な協会には所詮無理だす。あはは。

しかしやはり世界選手権の銀・銅対決!結果が気になったのは事実!土曜日は結果を確認してからベルギー対スペインを、日曜はオランダ対ドイツを見終わってから即結果をチェックしたのだ。うーん、残念ながらやはり万全ではないらしいブルガリア。ファイナル行きが決定して気が緩んでたのかどうかはしらんが、2試合とも負けた。スタティクスによれば、2日目の試合は4セットマッチで
ポーランドのブロック総数が20本ってのにまず驚き、ニコロフのサーブポイントが7本(打数は21本)ってのも「凄えー!」って。
ブルガリアはスパイクをことごとく止められ、ポーランドはサーブでめちゃくちゃにレシーブを崩され・・・。
こんなに極端な試合も珍しいのではないだろうか!と思ったらちと行かなかったことを後悔。
でもましゃーない。ブルガリアもポーランドもベストの状態で戦うであろうファイナルラウンドが楽しみだ!

昨日のドイツ対オランダについてもちょこっと。土曜の試合はドイツのスト勝ちだったらしいが、昨日はうって変わってフルセットの接戦!特に最終セット後はドイツの3点リードを強いサーブで崩してからの大逆転勝利と久しぶりに体感した手の汗を握る試合だった。オランダが取ったセットに関してはサーブであれだけ強く攻められたらレシーバーがそれほど優秀でないドイツにとっては厳しいな!と。この日のサービス得点はオランダの15に対してドイツの4。ドイツのレシーバー達が本当に気の毒なほど見事にやられまくってた。

あと試合通して唸ったはドイツヒュブナーのブロックの素晴らしさ!この日のブロックポイントは1人で9点!実際にドンピシャで決まった時の素晴らしさは勿論だけど、相手(ボール)の動きをすばやく読んでの横への機敏な動き、、手の出し方、そしてかなり高い確率でワンタッチを取ってしまうまうブロッカーのお手本とでも言うべきそのプレー!いやはや・・・本当に溜め息の出るブロックです、脱帽!

そして今回思ったことはニコロフのサーブといいヒューブナーのブロックといい、これらは完璧にそのプレーだけで客を呼べるというか、お金を払って見に来る観客を納得させるプレーだなと。 ソトの脅威のジャンプ力、ブエビッチの憎いまでのいぶし銀のプレー、リカルドの天才的なトス裁き、ベルボフのディグ、ちょっと(いや全く)違うかもだけどカザコフのデカさ・・・、これら全てバレーを生観戦して唸った選手の数々。やはり強いチームには凄い武器を持ってる選手がいるものだ。 全日本は?つなぎでも守備でも、速さでも、それこそ、勝ちに対する貪欲さでも何でもいい、客を唸らすなにかを持っている選手っているのかな?なにか世界に誇れる武器を1つでもあれば世界のチームから一目置かれる存在になり得ると思うのだけれど・・・。
b0046170_21133927.jpg

[PR]
by luckynoby | 2007-06-25 21:37 | Others

リベロ募集!!!   ~欧州チャンピョンズリーグ常連の某チームより~

リベロ大募集!!!

だけでなく

スパイカーも大募集!

してくれと・・・言われたのでつけたしします
同じチームっす!興味ある人はメールしてくらさい

昨日欧州某国の某チームの某アシスタントコーチから電話をもらった。

「日本人で海外行きたがってる選手いないかな?」

「ポジションは?」

「どこでもウェルカムなんだ。日本人選手が来て日系企業をスポンサーとして獲得出来ればと思うんだ!」

なるほど、納得!

欧州チャンピョンズリーグ常連のこのチーム!
さすがに日本人選手のレベルでアタッカーでスタメンというのは厳しいかもしれない。
でもリベロなら大丈夫だろう。

誰か日本の優秀なリベロ選手リベロまたはスパイカーで、海外で頑張ってみたい選手はいませんかね?

連絡お待ちしています!

luckynoby2@yahoo.co.jp までご一報を!
[PR]
by luckynoby | 2007-06-21 03:46 | Others

ブルガリアチーム71時間移動の真相!  ~ニコロフ記憶飛ぶ!~

昨日はバスで18時間Sun Juanからブエノスアイレスまで移動したところまで話したんだっけ?
そもそも何でバス移動なのか?航空会社のストライキだと聞いた。
一日に一便しか飛ばないその路線が完全にアウト。もうその時点でお先真っ暗よ!
18時間のバス移動!!!
それも日本にあるような3列シートでリクライニングがゆったりしているバスであるはずもなく、20年前に走っていたようなオンボロバス!耳障りな音は超ウルサイは、高速だけを走るわけでないから揺れも激しい。だから読書も出来なければ、コンピューターもろくに開けられない。開いたところでバッテリーにだって限度があるから数時間でバッテリーアウトになったし。寝るにしたってそんな最悪のバスの中じゃあ寝れるにも限度があるだろ?やることはない、外の景色は同じだ、疲労はだんだん溜まってくる。もうあの段階で地獄に放り出された感じだったよ。悪夢!とはああいったことを言うんだ!

でまあなんとか18時間後にブエノスアイレスまで着いたものの、連れてこられたホテルが、いやあれはホテルじゃないな、ユースホステルだぜ!!!
1部屋にベッドが6つ!トイレ、シャワーは共同で各階に1つ!
そんなところに連れてくか普通?フザケテルにも限度がある!!!FIVBの試合の場合は4星以上のホテルを用意するってことをアルゼンチン協会は知らんのか?!「金は誰がだす?」の一点張りだし。ただでさへ不憫な待遇を受けてる俺たちをユースホステルに泊まらせようというアルゼンチン協会の感覚がわからなかった!勿論そんなところにに泊まることに同意するわけがなく、そのままバスで何件かのホテルに連れて行かれて結局その日は終わり。ここまででもう何時間たった?考えたくもないけど。

でもって次の日空港に着い後に発覚した飛行機の大遅延!これだって普通は前もって電話連絡があるはずなんだ。あったとしたらホテルで待機が出来たはず。それもなしに結局空港で待たされたのが14時間!14時間だぞ!

(もうこの時点で笑いがこらえられなく・・・)
笑ってるけどな、お前自分がその場になってみろ!笑えるなんてもんじゃないんだぞ!どうやって時間を潰したかって?もうやることったらゲームしかないさ。FIVBがスカイチームと提携して買ってる格安の団体エアチケットだから空港ラウンジで時間を潰すなんぞ優雅なことは出来ず、一般客が時間を潰すところdでずーーーーーーーーーっとゲーム、ゲーム、ゲーム、ゲーム!それしかだって他にやることがないんだから。

でブエノスアイレスからマドリッドまでの飛行が10時間位?もうそれすらも覚えてないよ。マドリッドではパリ行きの飛行機が俺達だけを30分だかそこら特別に待っててくれて、空港着いたら次のパリ行きの飛行機が俺たちを待ってるから!ってんで飛行機から降りると同時にそこから皆が同時にダッシュ!でフライトには間に合ったけどバゲージは勿論間に合わずよ。 マドリッドーパリは2時間ちょっと・・・だったはず。 

でパリに着いて今度はまたそこで上海行きの飛行機待ち!パリから上海行きも一日一便だから、もうそこで何時間待ったなんて覚えてない。完璧に記憶飛んでたし!

でパリから上海は12時間だかそこらだっけ?東京までその位だから上海もその位だろう。なんにも覚えてないんだから(笑)。勿論エコノミークラスに決まってるだろ!それも超満席!運良く(って言うのか?)通路側の席を俺は取れたからいいけれど、寝るにも身体が緊張してるんだか、時差に追いついていかないんだか知らないけど、。頭だけがガンガンしてまーーーーったく眠れず だったことは覚えてるけど、それ以外は本当に本当に何も覚えてない!

で上海着いたのが朝だか昼だか夜だかも全くわからないまま。今度は国内線でChengdu迄2時間の飛行機移動!覚えてるのは今のこのChengduのホテルについたのが夜だったってことだけだよ。

せっかくWL前半体調を仕上げてきて、やっとなんとかなる位までもってきたのに、はっきり言ってこの2週間でそれもまた振り出しに戻った。いやそれ以下の体調に逆戻りだよ。こんな体調で昨日は良く試合に勝てたものだと思う。今日も試合後ホテルに戻って身体が言うこと利かない状態だから直ぐに寝ようとしたはいいけど、全く寝付かれない。結局今の今2時半!もうやめた、明日何時出発かもわからないけど、これからずーっと寝ずに起きてるよ。今の気持ち?
頼むから早くヨーロッパに返してくれー!

b0046170_1648570.jpg

↑空港かどこかで大好きなタイマッサージでもしてもらっていたら疲れも怒りもストレスも半減されたかもね。

いやあ、それにしても申し訳ないけど、笑ったっつうか。まあブラドの話方もそりゃ可笑しかったからってのもあるんだけれど・・・。よく考えたら悲惨も悲惨いいところだよな。間違いなくこんな長旅を一度にしてたのは世界広しと言えどもこの週はブルガリアチームだけだったと思うよ。この週だけというか、ワールドリーグ史上最も悲惨な移動だったのでは?ヨーロッパから日本に行くだけでも身体がシンドクテ辛いのに、地球の裏側から丸々3日間!それも体力的な消耗は勿論だけど、ここまでアクシデント続きの旅ならストレスも極限まで達していたことだろうな。日本に来た時だって時差ぼけに1週間位苦しんでた彼らが中国でどれだけ辛かったかは容易に想像がつく。しかしオンボロバスをチャーターして、ホステルに泊まらせようとしたアルゼンチンバレーボール協会!凄すぎるな。彼らのお粗末さは聞いたことがあるけど、ここまで酷かったらもうアルゼンチンには行く気など起きないだろうね。中国からブルガリアの道中は何もなく無難に戻れるといいけど・・・。アーメン!
[PR]
by luckynoby | 2007-06-18 00:04 | Bulgaria

18時間のバスの旅   ~WLブルガリアチーム~

ニコロフ大先生がたった今スカイプをオンにしてきた。
だからちょこっとチャットで会話中!中国は今朝の6時半!
My body doesn't know where I am....
相変わらず時差ぼけに悩まされる大先生のようですな。

隣でマテイ君はスヤスヤ夢を見ている最中のようで会話は出来ずタイプにて会話中。
まあ聞きたかったのはなんと言ってもどうしてアルゼンチンから中国まで3日間もかかったのか?

「バスで18時間だぜ、18時間!!!」

続く・・・
[PR]
by luckynoby | 2007-06-17 00:40

やっちまったぜ!

たった今オランダはロッテルダムから戻った。
今日も欧州リーグ@ロッテルダム。試合カードは先週と同じくオランダ対ベルギー。

試合開始20:00だから家を出たのが18:30頃。 ちょっと余裕を持ってさ。(^ー^)v
会場(駐車場)着は19:30。

でも・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(・・?)

かなり様子がオカシイ (・・?)

へっ?オレンジ色したサポーター達皆会場後にしてるぜよーーーー(^◇^;)

こりゃ完璧に試合終了モード (T△T)

どうやら試合開始は18:00だったらしい φ(゚〇゚;)

まっ、こういうこともたまにはあるさ!^^;

明日?行かなねーよ!(`ヘ´)
[PR]
by luckynoby | 2007-06-17 00:00

中国にいるニコロフと

今電話で話した。 
でもちょっとどけ。ほんのちょとだけ。

とりあえず足の具合が気になったのでその確認を・・・
「まだ完璧とは言えないけど、なんとか・・・」 そんな感じだそうだ。
次に 71時間かけてのアルゼンチンからの移動 に関しては

Oh mai... that was extremely horrible!!!! 
Definitely the worst trip ever!

オーマイ、そりゃもう地獄なんてもんじゃない位酷かったぜ!

How so?
どんな具合だったのさ?

Hey Noby,  you know what?
You are calling my BUL mobile and I am in China now.
なあNOBY,今さこれブルガリアの携帯に電話かかってきたんだぜ。俺今中国。
"international loaming" is very expensive!
国際ローミングってなあー、メチャクチャ高いんだよ、知ってるか?
Can we talk about this after we go back to Bulgaria or maybe on Skype later tonight?

ブルガリアに戻ってからか、あるいは今夜もう少ししたらスカイプで話そうぜ!

OK, no problem!  Is Matey around?  Let me talk to him! I wanna talk to him.
オーケー、ノープロブレム!じゃあさ、マテイ側にいる?かわってくれ!

Sleep Well, NOBY!!! もう寝ろ!のびー!

ってなわけで本当にいつもと変わらず超スーパーにフランクな大先生でした。

今度大先生のびっくりするような発言集でもまとめてみたいと思う・・・。 そりゃ唖然とするから!
[PR]
by luckynoby | 2007-06-16 17:54

全日本

の試合を観戦しにフランスはストラスブルグまで行くつもりだったが急遽NGとなった。
越川&石島を両エースに固定しメンバーが実にフレッシュだという全日本、見たかったな。

フランスは元々他の欧州勢と比べると守備型のチームで日本にとっては戦いやすいタイプのバレーをするし、
現にアンティガをはじめフランスの選手達は日本を「侮れない相手!」と日頃から言ってる。
それに今回は全日本のスタメンが大きく変わっていてフランスにデータも行っていない(はず)。
ならば強豪揃いのプールBで全日本が白星を挙げるなら今週末の試合かなと思っていたんだけれどね。
でも確か先週末はイタリアに勝ったとか。それはそれで凄いや!

うーん重ね重ね実に残念!!!

ではでは。
[PR]
by luckynoby | 2007-06-16 07:27

ニコロフとヨルダノフ     ~熾烈なポジション争い!~

b0046170_3532075.jpg今日ニコロフ大先生に足の具合や近況でも聞こうと思い携帯へ電話したが繋がらず。妻君に尋ねたらどうやら3日間かけてオンザウェイトゥーチャイナとのこと。  3日間??? 
いくら大陸横断とはいえそりゃまた長すぎる旅だな。
確かにアルゼンチンも中国もかなりドデカイ国ではあるけれど、
一体どの町からどの町までの移動で3日間もかかるのか・・・?
国内線を乗り継いで、その上よくある飛行場で8時間の待ち時間とかそんな所かもしれない。

今夜中国のホテルにチェックイン予定らしいがエコノミークラスの長旅で疲労しまくりの大先生に連絡を取るのはよすことにしよう・・・





な~んて思っていたら今やニコロフに迫る実力を確実につけているヨルダノフから
久々の「元気になったぞ!」コールがかかってきた!FROM SOFIA.
WLの第2週の中国戦で以前から痛めていた膝を悪化させて前線離脱した直後
フランスへその筋の名医に治療を受けるために行き、「手術は必要なし!」との診断結果を受けた。
既に個人練習をスタートし来週にはチームに合流する予定だとか。良かった!(^0^)/
わずか2週しかプレーしてないWLもいまだにサーブ部門では誰にも追いつかれずのトップを独走!!!欠場するまでの第2週終了時点ではスパイク部門も61%の高い数字で第2位! いやはや大きく成長したものだ。
b0046170_3551037.jpg

        ↑WL目下サーブ部門1位と2位のブルガリアコンビ(家事好きー&ヨルダノフ)

そんなヨルダノフの欠場と入れ替わるようにに復活したニコロフ大先生も先週のアルゼンチン第2戦では
復活して間もないにもかかわらずスパイク、ブロック、サーブともチームトップの得点を稼ぐ孤軍奮闘の活躍で
(特に苦手のブロックは3セットでなんと5得点!)「ニコロフここにあり!」 己の存在を大きくくアピールした。
「正直若手の急成長は脅威に値する!」昨シーズン欧州チャンピョンズリーグで大活躍したヨルダノフや
2人に実力でひけを取らないミルシェフ(フランスリーグではサーブ賞受賞)に対してそう語ったのは4月のこと。
しかし修羅場をくぐった絶対的な経験値とここぞという時の集中力ではまだまだ若手の追随を許さない。

五輪を来年に控えた今年,
ブルガリアはこの2人(ミルシェフを入れれば3人)の熾烈なポジション争いが必ずやみられる。
性格も全く違うが普段は仲の良いこの2人。しかし選手はやはりコートでプレーしてなんぼ。

2人が揃うであろう来週末のバルナ(対ポーランド)、行きたくなってきた・・・。
b0046170_4124039.jpg

                ↑レギュラー争いが熾烈なヨルダノフとニコロフ
[PR]
by luckynoby | 2007-06-14 21:20 | Bulgaria

ちょこっと選手紹介&インタビュー  ~ヨヘン・ショップス(ドイツ)~

本当はもっともっと早く紹介したかったのだけれど・・・。

4年前の欧州選手権で先輩スパイカーの大会直前の怪我によって急遽大会前日に呼ばれたのがシニアチームでのデビュー!その大会ではさすがに試合に出ることは全くなかったものの練習中の動きだけで十分にその高すぎるポテンシャルを観衆にアピールした。当時少しだけ話すことが出来たが貝のように動かないその口元にインタビューを断念したことを覚えている。

その翌年の欧州リーグの試合でオランダへ来た時、相変わらず大人しすぎる彼に本格的なインタビューをお願いした!照れながらブランコを漕ぎまるでアイドルのような姿を激写した貴重なインタビュー記事(←本人は抹消したい記憶らしい)は残念ながら日本には紹介出来なくて・・・。そうこうしている内にあれよあれよと着実に欧州内ではその名を知られるようになる。「大選手への階段を着実に駆け上がってるな!」と思った矢先、今年4月の欧州チャンピョンズリーグではまさかの優勝を成し遂げMVPまで採ってしまった幸運な男。それがヨヘン・ショップス(23歳)である。今間違いなく欧州バレー界で注目度の最も高い選手の1人だ。

十分すぎる高さとパワーもそれほど強烈なイメージがないのは、器用さも十分に兼ね揃えているから。サーブもスパイクも相手コートを良く見て瞬時にベストな攻撃を判断するその能力が素晴らしい。力だけでなく嫌らしい攻撃をしかけることが出来る。2メートルの長身で190センチ並のその器用さ。これがなんと言っても彼の持ち味だ。

来季はいよいよロシアリーグデビュー!去年は「まだまだドイツで学べることはたくさんあるから!」とイタリア行きを蹴ったものの、今年4月モスクワでの欧州チャンピョンズリーグでの優勝&MVPはロシアのチームにアピールするには十分過ぎたようで「ピアチェンツァとイスクラからの真剣なオファーがあったけれど、イスクラの方がピアチェンツアの倍のオファーだったから」と迷うことなくロシアリーグを選択した。「ジバやアブラモフ、ベルボフ、クレショフと一緒のコートに立てるなんて本当に夢のようだよ!だって彼らがメダルを争ったアテネ五輪はテレビで見てたんだから」。 純粋にトッププレーヤー達と同じコートに立てることが嬉しいようだ。

実力が伴うと当然自信もついてくるのだろう。最初の頃のインタビューで暗かった頃が嘘のように良く話すようになったここ最近。「さては猫被ってたな?」そのことについて問いただすと「あの当時は人見知りが激しかった上に、先輩に囲まれ余裕がなかっただけなんだよ」と笑いながらそう弁明した。

N:「やっぱり猫被ってたわけじゃん!」
S:「まっ、そんなとこかな!(笑)」
N:「大人しい人間がベッカムカットになんかするわけないわな!(笑)」
S「これ可笑しいだろう?これはこの間のモスクワ(欧州CLファイナル)で大会終了後にサポーターの1人が選手全員の頭を揃えようってことで技術もないのにいきなり皆カットされたんだよ!被害者なんだから!」


b0046170_2304269.jpg

[PR]
by luckynoby | 2007-06-09 23:54 | Interview

今日は

ベルギーめっちゃ天気悪いけど、
欧州リーグのBEL対NEDを観戦に行ってきます。

ちなみに今後の観戦予定は、まあいろいろと。
でも今悩んでるのは月末のWL@バルナでBUL対POLを見て
その後SER対RUSをセルビアで見るという夏恒例のバルカンバレー観戦!
でもその後すぐにPOLでファイナルがあるし、旅に疲れている今日この頃正直迷ってうのだ!

まあいつも通り直前になって決めることにしよー。
[PR]
by luckynoby | 2007-06-09 10:56


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧