NOBYの地球ひとっ飛び ~ブログ編~


luckynoby2@yahoo.co.jp 
by luckynoby
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
欧州バレー便り!
Everyday is Gray!
カテゴリ
以前の記事

<   2008年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ベルカトフ対イスクラ ~欧州チャンピョンズリーグ~


日本から戻った翌日、時差ボケに苦しみながらも今度はポーランドへ。

去年からずっと生で見たかったロシアのイスクラと、今シーズンも好調のポーランドはベルカトフの欧州チャンピョンズリーグ公式戦@ウッチ!

この両チームはそれぞれロシアとポーランドの代表選手が揃っているだけでなく、イスクラにはジバ(ブラジル)とショップス(ドイツ)が、ベルカトフにもアンティガ(フランス)やヘイキネン(フィンランド)と、助っ人も豪華な面々!「誰に話を聞こうか?」 試合だけでなく、いろいろな部分でかなり期待していたからこそ、強行スケジュールを組んでまで寒波のポーランドまで飛んだわけで・・・。

で肝心の試合。第1セット中盤までは競っていたもののその後はかなり一方的なベルカトフペース!セッターの元へ『点』でボールを返すベルボフやアブラモフのあっぱれなレシーブに惚れ惚れしていたのも束の間、いつのまにやら全く見るにも値せずの状況となり・・・。結果正直途中からはメモをとるのも止めたほど低調な試合。試合後ベルカトフのマルチンが「今季で最高の試合!」と語れば、イスクラのベルボフは「今季で最低の試合!」と・・・。ホームよりの審判の判定が多くあったのは事実だが、それを抜きにしても最低レベルの試合だったことは間違いない。

「こんなつまらない試合を見にわざわざ日本⇒ベルギー⇒ポーランドと飛んで来たわけじゃないのだが・・・」

まあ、はっきり言ってしまうとイスクラは若いセッターが癌なわけで、いくらジバやショップスやアブラモフやクレショフ、エゴルチェフという超豪華メンバーがいたとしても、まともに打てるトスが上がらなければキツイわけだ。ブルガリア代表チームの試合を見ながらスパイカー達に同情してしまうのと同じ感覚。代表チームでは神のようなセッターと常にコンビを組んでるジバなどは一体どんな気持ちで試合に臨んでいたのやら。。。

ベルカトフはクラブチームとはいえ、サポーター達の異常なまでの熱狂ぶりは代表チームのそれとなんら変わらず。今回も耳栓を使用。そんなクレイジーなムードにベルカトフの選手たちは背中を押され、対するイスクラはスパイカー陣は全く問題ないにしても、若いセッターが完璧にそのムードに動揺しペースを乱された。乱れた歯車をどうにか元に戻そうとジバが一生懸命この若いセッターを鼓舞していたのが印象的だった・・・。b0046170_178218.jpg

それにしても先月のディナモ・モスクワといい、今回のイスクラといい、今のところロシアのクラブチームのレベルは疑ってしまうほどの低調な出来。>(たまたま観戦した試合がそうなだけだとは思うが)

あまりの一方的で酷い負けっぷりに試合後、ミックスゾーンですれ違ったイスクラのガイッチ監督がすれ違う時にポツっと言った一言が笑えた。

Noby Noby Knockout....047.gif

b0046170_1372153.jpg

         ↑ この豪華な3ショットを生で見たくてポーランドまで行ったのだが・・・。
b0046170_17272085.jpg

アンティガやヘイキネンを怪我で欠きながらもブラズリー以下全員が絶好調だったベルカトフ
[PR]
by luckynoby | 2008-12-12 17:46

日本に帰っていました。

2週間とちょっとの間、日本に帰っていました。
Vプレミアリーグも勿論観戦しましたよ。男子は仙台大会を、女子は関西大会を。
感想はまた後ほど書きたいと思いますが、感じたことは正直多かったです。

その他には大阪、京都、名古屋、横浜、神戸、エトセトラ。
いつものごとくJRの乗り放題パスを使って精力的に動いておりました。

いやあ、それにしても日本の秋(晩秋)は本当に素晴らしい!
燦々と輝く太陽が眩しすぎる毎日だったし、食に関してはやはり世界1でしょう、文句なしに。
ヨーロッパに比べれば物価も安いんだけれど、使うところが多くて何気に財布の中身が減ることの早さにびっくりだけど・・・。

春は花粉症で苦しむのでNG!夏は暑すぎるのでNG!やはり日本は秋か冬に限ります!

b0046170_7281298.jpg

b0046170_1721151.jpg

b0046170_1721411.jpg

b0046170_172276.jpg

↑ その美しさに見とれてしまうほどだった京都は嵯峨野の景色です。
[PR]
by luckynoby | 2008-12-08 16:17


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧