NOBYの地球ひとっ飛び ~ブログ編~


luckynoby2@yahoo.co.jp 
by luckynoby
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
欧州バレー便り!
Everyday is Gray!
カテゴリ
以前の記事

<   2009年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧

スーパー雨男!


今スペインはマラガに来ています。 7年ぶり位でしょうか。

058.gifを求めてやってきたのですが、見事に天気悪し。

初日は曇り。昨日は曇りとちょこっとだけ晴れ間!

今日は見事に雨、雨、雨057.gifが降り続いております。

ここマラガに滞在しているスロバキア人の友人に言わせると、
「俺が来た9月から雨なんて降らなかったのに・・・」とのこと。

スウェーデンでも057.gif、そしてマラガでもまさかの057.gif。 
ここまで来ると 「スーパー雨男」 057.gifです。

さてマラガ。観光したのは半日だけ、天気がそんなこんなで、写真も大して撮りませんでした。

正直マドリッドも、バルセロナも、そしてマラガも、雰囲気は似たりよったりです。

町はお世辞にもきれいとは言えずゴミだらけ。 建物の色はどことなく赤系の色。

英語はそれほど通じませんが、人々は陽気にスペイン語で話しかけてきます。

今日はサッカーの試合「マドリッド対バルセロナ」があり、どこのバールもカフェも溢れんばかりの人たちが皆一緒になってサッカー観戦で盛り上がっていました。

食事は安くとても美味しかったです。 

スペインと言えばやはりハム。 バールに行けば豚の脚が必ずつるされています。

食事の時間帯は非常に遅く、夜レストランが店を開けるのは20時位から。

レストランは最後の客が帰るまで必ず開いてます。昨日は気が付いたら1時半まで居ました。

「太陽に出会うために」やってきたはずのマラガですが、058.gifには最後まで会えず・・・。
ビーチにも行きませんでした。

近々のリベンジを考えています。004.gif

b0046170_20143076.jpg

b0046170_2023679.jpg

b0046170_2024538.jpg
b0046170_20243854.jpg
b0046170_20255314.jpg
b0046170_2026233.jpg
b0046170_20273369.jpg
b0046170_20275960.jpg

[PR]
by luckynoby | 2009-11-29 23:58

さ~て私はどこに行くでしょうか?


雨のベルギーに戻ってきたのもつかの間、次の目的地へ旅立ちます!

今度は南。 058.gif がサンサンと照り続けている・・・・・・・はずです!

ちょっと前にネットでチェックしたら最高気温は20度あまり! 001.gif

食べ物もかなり美味しい。 特にアホスープは私の中では世界3大スープの1つです!

人々はめちゃ気さくで陽気で、田舎者! 

昼過ぎから数時間はお昼寝タイム。お店が締まります。

さ~て、私はどこに行くでしょうか?
[PR]
by luckynoby | 2009-11-27 08:42

ここでした。

スウェーデン!

なんと言っても日が暮れ始めるのが3時なもんで、

でもって連日曇りと雨の悪天候だったので、ろくな写真は撮れませんでした。

正直今の時期のここは、お勧め出来ません。

大抵旅行をすれば、どこに行っても、何かしらの発見や感動があるんだけれど、

ここだけは見事に何もなかった。

強いて挙げれば、ここの人たちは いつでも hey! hey! ということ位かな。

英語ではカジュアルな挨拶として使われるこのセリフも 

ここではホテルのお客さんに対しても使うし、いつでもどこでも hey hey hey!

あとどうやら寿司ブームの真っ最中のようで、
歩けば20メートル位ごとに寿司屋があったのにも驚きました。

昼にエンジョイ出来なかった分、夜は現地の友人に連れられて、

スウェーデン映画のプレミヤ(日本でも上映されるらしい)やその完成披露パーティ、

整髪料のプロモパーティ、マイナス10度のアイスバーと、めちゃくちゃローカルしてきました。

TORUさん & ♪ さん 大正解!

b0046170_0312052.jpg

唯一まともに撮れたスウェーデンの風景です。
b0046170_0315276.jpg

ストックホルムで一番狭い道だそうです。その道幅はわずか90センチ!
b0046170_0322081.jpg

パステルカラーの外壁がいかにも北欧って感じです。
b0046170_033281.jpg

欧州では割と見かける国旗も、この国ではあまり見かけませんでした。
b0046170_0333479.jpg

1628年代に出港後20分で沈没してしまった戦艦ヴァーサ号は333年後に引き上げられたそうです。
b0046170_034192.jpg

王宮前に立つ衛兵さん。険しい顔をしていますが・・・
b0046170_0342334.jpg

この国の衛兵さん達、キョロキョロするのは当たり前。観光客と談笑もしていました。
b0046170_0345280.jpg

b0046170_1212255.jpg

マイナス10度の氷の世界、ICE BAR で友人とVODKAを飲んできました。
b0046170_0354071.jpg

グラスもアイスで出来ています。
b0046170_0362836.jpg

幼稚園児達でしょうか。とても可愛かったです。
b0046170_037849.jpg

所変われば!というのはこのことでしょう。ホットドックにベイクドポテトです。
b0046170_037417.jpg

b0046170_038692.jpg
b0046170_0391796.jpg

スウェーデン映画のプレミア上映に行ってきました。(わかりもしないのに)
b0046170_0395913.jpg

この映画、日本にもやってくるそうです。 中々面白いサスペンスアクションでしたよ。

b0046170_0485079.jpg

主演女優さんです。映画では鼻ピアスのパンクの役でしたが実物はとても小さかった。
[PR]
by luckynoby | 2009-11-26 17:10

さて私はどこに来ているでしょうか。

今週と来週、怒涛のような忙しさが待っています。

今朝の飛行機で北へ飛びました。 かなり寒いです。

午後の3時には太陽が沈み始めます。

欧州で初めてセブンイレブンをみて感動しています。 

思ったほど金髪美女はいません。

町はお世辞にもきれいとは言えません。 

さあ、私はどこに来ているでしょうか?

わかるわけないかっ。 006.gif

そういえばこの国の代表チームは80年代後半かなり強かったです。

欧州選手権ではソビエトを破りファイナルに進出、2位になったこともありました。
[PR]
by luckynoby | 2009-11-23 23:41

日本、32年ぶりのメダル!


とネットニュースの見出しに大きく出ていたが、

何が32年ぶりなのか?      ふと疑問に思った。

記事をよく読むと、 主要国際大会でのメダルが なのだそうだ。

主要国際大会の定義て何だ?

オリンピック、世界選手権、ワールドカップは、誰もが認める世界3大大会!

ワールドリーグも、その規模とFIVBの力の入れようからすれば、まあ大切な大会!

しかしグラチャンは・・・

各大陸王者が参戦する事実はあっても、元気な主力を連れてこないチームもある始末!

海外の選手達にとっては、GRAND CHAMPIONSHIP という名称すら認知されてない事実!

FIVBがポイントすら与えない大会が、主要国際大会のはずがないわな。

間違えても 世界4大大会!

などということは、ナイ・ナイ・ナイ!(テレビ局はそう評しているらしいが)


欧州の選手やスタッフからすると、 間違いなく国際大会のランク付けは

オリンピック>世界選手権>各国選手権>ワールドカップ>>>ワールドリーグ ってなもんで、

グラチャンなんて、名前すら挙がらないのです。
[PR]
by luckynoby | 2009-11-23 07:44

世界で一番高給取りのバレー選手は・・・


先週ポルスカの記者からメールが届き、面白い情報が寄せられた。

ポーランドの新聞、FAKTに

「世界で最も高給取りのバレーボール選手は?」

との記事が掲載されたそうだ。

その記事によると、

1. Lloy Ball (USA - Zenit Kazań) 1 500 000 euro
2. Clayton Stanley (USA - Zenit Kazań) 1 400 000 euro
3. Siergiej Tietiuchin (Rosja - Zenit Kazań) 1 300 000 euro
4. Giba (Brazylia - Pinheiros) 1 200 000 euro
5. Aleksandr Kosariew (Rosja - Fakieł Nowyj Uringoj) 1 100 000 euro
6. Jochen Schops (Niemcy - Iskra Odincowo) 1 000 000 euro
7. Matej Kazijski (Bułaria - Trentino Volley) 1 000 000 euro


とのこと。

確かにこれらの選手達が多額のサラリーを稼いでいるのはまぎれもない事実であるが、
この情報をそのまま鵜呑みにするかと言えば、答えはNOである。
特に金額に関しては結構いい加減だ。それに入ってしかるべきあの選手の名前も入っていない!
[PR]
by luckynoby | 2009-11-16 13:52

世界クラブ選手権終了!

今、世界クラブ選手権決勝が終って、只今表彰式の真っ最中です!

といっても今回は現地観戦ではないので、ネットで見ているのですが、
表彰式までライブで見れるとは結構なビッグサプライズです。

中東のカタールらしく表彰式でのプレゼンターのほとんどが白装束の民族衣装を着ています。
皆男性です。

先に個人表彰がありました。

Best Spiker: MATEY Kaziyski(trento)
Best Blocker:MOZDZONEK Marcin(belchatov)
Best Server:JUANTORENA PORTUONDO Osmany(trento)
Best Libero:VERBOV Alexey(kazan)
Best Setter:VIEIRA DE OLIVEIRA Raphael(trento)
Best Scorer:KUREK Bartosz(belchatov)
MVP:MATEY Kaziyski(trento)


受賞者たちの喜びの表情がうまい具合にアップで映し出されていますが、皆リラックスしていて良い表情をしています。受賞者同士が言葉をかけあって健闘を称え合っている姿はまさに「戦い終わってノーサイド!」。実に微笑ましい!カジスキー、ベルボフ、そしてポーランドの2選手など、インタビューなどを通じて話したことのある選手ばかりですので、そういう選手達がトロフィーを笑顔で受けながら受賞している姿が見れるのはやはり嬉しくないはずがありません。ベルボフはまたもやチームでは3位でしたが、ベストリベロを受賞しました。「ベストリベロ?今回はたまたま僕が良かっただけさ!」「銅メダル?もういらないよ!(笑)」もし受賞後にインタビューをしていたならきっとこういう発言をしたでしょう。いつもそうですから。そしてカジスキーはベストスパイカーとMVPのダブル受賞です。彼にとって複数受賞は決して珍しいことではないのですが、4月の欧州クラブ選手権でのMVPに続き今回の世界クラブ選手権でのMVPというのはまさに快挙だと思います。彼にとって残るタイトルはブルガリア代表チームでの「金」だけになりました。

そして個人賞の授賞式の後にチーム受賞式です。3位のカザンの選手達は、まあロシアチームということを考えれば、相変わらずの定位置です。選手全員サンダル履きで表彰台に立っていますが、ドーハはまだ暑さ厳しいのでしょうか。ロイボールが映っています。今大会全く精彩を欠いていたスタンレーも映っています。

2位のベルカトフは決勝で負けてるわけですから、やはり皆が笑顔というわけではありませんが、それでもほとんどの選手達がリラックスした表情をしています。

そして優勝のトレント!光景としては4月の欧州CLファイナル後の表彰式と全く同じです。真ん中の表彰台に立つ直前に皆で手を繋ぎ片足だけ表彰台に乗せてコールされるのを待つその姿までそっくりそのままです。しかし4月とは顔ぶれが大きく違っています。今シーズンのトレントは顔ぶれが去年までとガラっと変わりました。特にセッターのグルビッチが抜けたのは痛手だったはずですが、現在イタリアリーグでもトップを走っていますし心配は全くないようです。短期間で本当に強いチームを作り上げましたね、ストイチェフ監督。

最後に国旗掲揚です。左からポーランド、イタリア、ロシアの国旗です。馴染みのあるイタリア国歌が流れるのは非常に嬉しいのですが、この国歌をバックにして、ブルガリア、フランス、ポーランド、ブラジル、キューバなどの選手達が画面に映るのはまだ多少違和感があるのは否めません。

世界クラブ選手権最終順位:

1位:TRENTINO BETCLIC (ITA)
2位:PGE SKRA BELCHATOW (POL)
3位:ZENIT KAZAN (RUS)
4位:PAYAKAN (IRI)
5位:AL-ARABI (QAT), CIMED (BRA), COROZAL (PUR), ZAMALEK (EGY)


b0046170_652676.jpg

↑ Photo by FIVB


FIVBのサイトをよーく見てみると、どうやら世界クラブ選手権は1989-1992まで開催されていたようで、89には新日鉄が、90年にはJTが参加していたようです。知りませんでした。
[PR]
by luckynoby | 2009-11-09 20:41

世界クラブ選手権!

が中東のカタールはドーハで始まっています。

一応「世界」と冠がつくのですが、出場チームを見てみると

ZENIT KAZAN (RUS)
COROZAL (PUR)
TRENTINO BETCLIC (ITA)
ZAMALEK (EGY)
PGE SKRA BELCHATOW (POL)
AL-ARABI (QAT)
PAYAKAN (IRI)
CIMED (BRA)

なんとなく中東からのチームが多いような気がしなくもないのですが、
よく見てみるとヨーロッパから3チーム、南米が1チーム、北中米が1チーム、
アフリカ1チーム、アジア1チーム、そして主催国から1チーム。 
中東勢が多いという気がするのは、アジア代表がイラン、アフリカ代表がエジプトと、
地理的に中東寄りなためでしょう。欧州から3チーム出場というのは
欧州バレーのレベルを考えると妥当かと思います。

何でもこの大会ではいくつかの新ルールも試されるようで
その中の1つが「最初の攻撃はバックラインの後ろから」というもの。
どんな新ルールも最初は慣れないが故に懸念されることが多いのですが、
トレントのカジスキーは2週間前に話をした時に、
「初めてのことだけに不安だけれど何回か練習さへすれば大丈夫!」と語っていました。
実際のところ攻撃をバックからのみと制限してしまう点にはどんな思惑があるんでしょうか。

各国リーグ真っ盛りの忙しい中、1週間とはいえ他の大会に、しかも新しいルールで
出場するということは肉体的にも精神的にも大変だとは思いますが、
そこは優勝賞金が25万ドルで、2位以下でも17万ドル、12万ドル、9万ドル、3万ドルと
どのチームにとっても今の不況下喉から手が出るくらい欲しい多額の賞金がかかってますから、
プロのバレー選手達にしてみてればこれも「目指せボーナス!」となるのでしょうね。

もう少し行き易い国での開催だったらぜひ行きたかったのですが、

中東となるとさすがに・・・無理でした。>うーん残念!!!
[PR]
by luckynoby | 2009-11-04 08:04

バレーとは関係のない話!

先日日本を代表する大企業に長期赴任の為、愛知県は豊田市へ旅立った知人(ベルギー人とポーランド人のハーフ)からメールが届いた。日本へ行く準備の一環として私は彼に日本語や日本の文化、日本人のメンタリティを教えていたのだ。「ベルギーと日本の一番の違いは何か?」知り合って間もない頃に聞かれた質問に「サービスの質」と答えたのを記憶している。時として客を客と思わないベルギー(欧州)のサービス。「習うより慣れろ!」欧州生活を始めた当時、ストレスを貯めないために私が常に心がけていたことだが、この点だけに関しては未だ慣れることも出来ず時として怒りすら覚えること多い。日本が世界に誇るべき1つは間違いなく、「サービスクオリティ!」だと言っていい。

Hello Noby-san,
ogenki deska?

I am completely blown away by your country!
Of course, you had told me many things, and I also heard from other people and colleagues, but hearing and experiencing is so different..

As soon as I arrived (actually at the airport already), I was surprised how everything is CLEAN and looks nice (a bit like for children sometimes).
People are extremely polite, and the service they deliver is from very high quality. If you compare with belgium, it's day and night. I still can't get used to it how they treat me with respect in a supermarket, how they bow when they give the money and the receipt.

First thing I did, I went to a izakaya, and tried the tebasaki. Totemo oishikatta desu! There are so many good things to eat. Even in the supermarket. It's great for someone like me :)

Somehow, I feel like Japan is similar to US in someways (the fact that everything is so easy and convenient), but with some unique qualities (like respect, politeness, fashion and education of the people).

I think I will not come back to Europe....

You will hear from me (and see the pictures) pretty soon.

Antoine


日本に初めて訪れた欧州人の彼が、日本到着後わずかな期間で日本に対する印象をこのように持ってくれたことは日本人として非常に喜ばしいことだ。しかし実際に日本で日本人を見て彼は思ったに違いない。「NOBYさんは本当に日本人なのだろうか?」028.gif
[PR]
by luckynoby | 2009-11-02 14:38

フランスリーグ

先週の火曜日にフランスリーグの試合を見てきました。
今シーズン初のフランスリーグ観戦です。

フランスリーグはランク下位のチームが上位を食うことも少なくなく、
イタリアやロシアほどではないものの平均したレベルは高いのが特徴です。
世界的なスター選手はほとんどいませんが、フランス代表チームと同じように
守備型で全員バレーを武器とするチームが多く存在します。

この日は現在リーグ4位のトルコワと1位のツールの試合。
堅い守備から早い攻撃を持ち味とする2チームですが、
それぞれの魅力が随所で見られたよい試合となりました。
ラリーが多く見ごたえのある試合であったことは間違いないのですが、
パワフルなアタッカーが少ないせいか迫力という点でイマイチと感じてしまうのも正直な所です。

20時半からの試合開始で終了したのが22時50分。
試合後は顔見知りの選手達としばらく談笑し家路につきました。

今シーズン、あと数回はフランスリーグの観戦をすると思いますが、
そのうちの1回はぜひ2部リーグで未だ頑張るパスカル選手を見に行きたいと思っています。

そうそう試合とは関係ないものの、フランスリーグならではの特徴と言えば、
どこの体育館でもVIPルームには必ずシャンペンンがリッチに振舞われているということでしょうか。

b0046170_21572326.jpg

[PR]
by luckynoby | 2009-11-01 17:53


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧