NOBYの地球ひとっ飛び ~ブログ編~


luckynoby2@yahoo.co.jp 
by luckynoby
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
欧州バレー便り!
Everyday is Gray!
カテゴリ
以前の記事

<   2010年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

クネオ2


TOURCOING 1 -3 CUNEO (25-27, 26-24, 23-25, 27-29)

結果スコアだけを見ると接戦のようですが、ミスの多い稀に見る凡戦でした。
特にクネオ!多発したサーブミス、スパイクアウトだけでなく、
グルビッチとスパイカー達のコンビも全く合わず!
「一体何があったんだ?」 

クネオの酷さに目を覆うほどでした。
大先生がいなければ、途中で観戦を止めていたでしょう。
あまりにも酷い試合だったので写真を撮る気にもならずでした。

試合後挨拶の次に私がニコロフに発した第一声は
「こんな○○な試合は久しぶりだ!
よくもあんなにミスが出るもんだ!」


長距離ドライブをして来て、こんな愚戦ではストレスも溜まります。
思わず口から出てしまいました。

それに対してのニコロフの返事は
「確かに!勝てた!という事実以外に
誉められる内容は一切なかった!」


と低レベルの試合を認めつつも、
「ボールが替わるとここまでプレーが
荒れることもあるという事だよ!」


ミスが多発された理由をそう述べてくれました。

同じような台詞、5,6年前欧州CLでイタリア勢が勝てない時に良く聞いた言葉です。
当時は「言い訳だろう?」位にしか思いませんでしたが、
今回リーグでは好調を維持しているクネオのここまでの荒れ具合を目のあたりにして、
自分の目でその事実(ボールが変わることの怖さ)を確認できました。

とにかくこの日の試合はあまりにもの愚戦でしたが、
グルビッチやニコロフやマストランジェロなどのトップ選手達がここまで
ミスを連発するのも初めて見ましたから、まあポジティブに考えましょうか!:-)
[PR]
by luckynoby | 2010-01-29 07:49

クネオ

ニコロフ大先生がトレントからクネオに移籍して早2シーズン!

今シーズンのクネオは(北京五輪のアメリカチーム並みの)『おじさん軍団』でありながらも、堅実に勝利をものにして現在リーグ2位!グルビッチ、マストランジェロ、ワイズマン、エノ、そして大先生がいればそりゃ強いだろうよ!

そんなクネオが今日トルコワ(フランス)でCEVカップ・ファイナル4thファイナルを戦う。

110キロをぶっ飛ばして、久しぶりに大先生の陣中見舞いに行って来るか。
[PR]
by luckynoby | 2010-01-27 00:11

復活!アブラモフ!ポルスカカップ優勝&MVP!

b0046170_6384112.jpg

先程入ったホットな情報!

本日開催されたポーランドカップファイナルを制した のは アブラモフの所属するJASTRZEBSKI!
5セットマッチの接戦だったらしいから、会場の盛り上がりの凄さも容易に想像がつく。

決勝戦のMVPはアブラモフ!

大会を通じてのMVPとベストスパイカーの
ダブル受賞もアブラモフ!
 


昨年彼がポーランドに移籍してしばらくして話をしたときに、

「今まで抱えてた肩の痛みがポーランドに来て紹介されたイタリアのドクターの魔法にかかってから全く消え去ったんだ!今シーズンは23,4歳の頃の完璧なコンディションで試合をしてるよ!」 と嬉しそうに言っていたのを思い出した。 どうやら本当の復活を遂げたようだ!

ポルスカリーグのレベルも、ファンの熱い応援も、チームの待遇も、町の様子も、ポーランドにおける全てを満足しているとのこと。愛娘サーシャの成長もカンフル剤となっているに違いない。

これでこのチームは来シーズンの欧州チャンピョンズリーグの切符を獲得!

次の狙いは勿論リーグ優勝だ! 頑張れ ドクター・アブラモフ!
b0046170_4282310.jpg

             昨年末に送られてきたパーシャ&サーシャの2ショット!
[PR]
by luckynoby | 2010-01-24 19:24 | Russia

欧州CLファイナル4の開催地は


ベルカトフのお膝元のLODZに決定!!!

2、3年位前にも確かここでファイナル4があったはず。
当時ドイツのチームでプレーをしていた東レの勝野君と一緒に観戦した記憶があります。

何しろお金持ちのチームで、以前から「今年こそは何としてでも優勝を!」とプレジデントが宣言していましたから、ファイナル4の出場特権を持つホストの座は何としても勝ち取る気なのだろう、ということは容易に予測がつきました。

去年の欧州選手権(女子)開催の時期にあわせ体育館も新装され、新しくなった体育館は最高1万2千人のキャパを持つそうです。

LODZという町自体は工場地帯で見るものも多くありませんが、欧州トップチームの熱い戦いと世界一熱狂的なポーランドサポーター達の作り上げる異様な雰囲気を体感するにはもってこいの所だと思います。欧州バレーを見てみたい方はぜひLODZにいらしてみてはいかがでしょうか。4月10日と11日です。

現在ファイナル4決定のチームはベルカトフのみで、残り3チームは2月に始まるプレイオフ12と、その後のプレーオフ6を勝ち進まなければなりません。ファイナル4進出のチームは非常に予想困難ですが、ディフェンディんぐチャンピョンのトレントを筆頭に、イタリア、ロシア、ギリシャ、ポルスカチーム等がやはり有力だと思います。
[PR]
by luckynoby | 2010-01-22 08:01

欧州チャンピョンズリーグ


の一時ラウンドが今日で終わり、2次に進出するチームが出揃いました。

2次、3次と進み4月のファイナル4までまだまだ長い道のりではありますが、
ファイナル4の開催地はどうやらポーランドのベルカトフとの情報が・・・。 
正式発表は今日の15時(欧州時間)だそうですが、実際はどこになるのでしょう。

容易に行くことのできないカザン(ロシア)とか、フリードリッヒ(ドイツ)とか、
マチェラータ(イタリア)は、絶対に勘弁だな~。 

21日午前9時・今度はイタリアサイドから「多分ファイナル4はトレント!」との情報!

発表が楽しみだ!

TRENTO(ITA)
Dinamo MOSCOW (RUS)
Zenit KAZAN(RUS)
CSKA SOFIA(BUL)
Marche MACERATA(ITA)
INNSBRUCK (AUS)
BELCHATOW(POL)
ROESELARE (BEL)
FRIEDRICHSHAFEN (GER)
Panathinaikos (GRE)
RZESZOW(POL)
BLED (SLO)
Olympiacos (GRE)

[PR]
by luckynoby | 2010-01-21 00:35

Wlazly


昨年末からプジョル、アンティガ(フランス)、ヴラズリー(ポーランド)、ヨルダノフ(ブルガリア)等と話をすることが出来て、欧州選手権にまつわる興味深い話をぜひブログで紹介と思いつつも中々暇が出来ずに時間だけが過ぎ・・・。

生の言葉は新鮮度が命なんだけれども、まあ仕方ない。

まずは超お久しぶりのヴラズリー選手! 正直彼には
b0046170_19303513.jpg

かなり驚いた。 何が驚いたかと言えば、元気はつらつのプレーもさることながら、
彼のコート内、コート外での態度!!!

彼と一番最初に話したのはもう5,6年前のこと。彼がまだスターになる前。
通訳をはさんでの会話で、正直印象は全く残ってないのが事実。

その後世界選手権のブレークから大飛躍を遂げてポーランドでは一番グレードの高い選手となるも、その後代表チームの不調と共に否定的な記事を書きまくるポルスカメディアへの彼の態度は悪化の一途。しまいにはメディアへのコメント発信や協力はほぼしないようになってしまったとか。ミックスゾーンでも一切立ち止まることなく通り過ぎる姿も確かに見たことがある。 「ここぞと言う時に決められない!」とか「怪我ばかりしてプロとして失格だ!」とか、終いには「何さまだ!」とか、そんな記事ばかり書かれるようになれば、そりゃメディア嫌いにもなるのもわからなくもないんだけど、メンタル的な部分で問題があったのは事実かも。

彼と直接話をすることもなかったし、ネガティブな話ばかり耳に入ってきたここ数年!まあお互いの存在に気づけば無視をせずに手を上げる程度。ミックスゾーンでマイクを差し出すも無視されるポルスカ記者が大勢を占める中、手を上げてくれるだけで、「いい奴じゃん!」なんて思いながらも、私の中での彼の印象は大して変わらずだった。「怪我が多すぎる!」という事実から基づく印象は別にして。

その彼がいよいよ「復活近し!」ということになり、先日ロッセラーレに来たわけだけれども、この日はスタメンではなく3セット目からの途中出場。最初の2セット、控えでありながらもタイムアウト中は常に出場選手達に近づき肩や腰に手をかけ、何か一言告げるその姿は紛れもなく以前の彼からは一度も見たこともないシーン!他の控え選手が全くそういった態度を取らずにいただけに、唯一チームに近づき渇を入れに行った彼の真摯な態度に正直びっくりした。

で3セット目からの途中出場!「試合に出たくてしょうがなかったんだよ!」とばかりにバカスカ打ちまくる。早いフォームと切れのあるスパイク&球のスピードは昔となんら変わらず。「ボールを打つ」のが楽しくて仕方のない様子がビシビシと伝わってきた。コート内でも常にチームメートを気遣う姿勢にこれまたびっくり。以前は一人黙々とボールを打ちこなすだけのスナイパーのようなイメージが強かったからか、今回の彼は正直別人のように見えた。

で試合後。大勢のポルスカファンに囲まれる姿は以前と変わらずでやはり一番人気!

そんな中、声をかけてさあミニインタビュー。 

Q:3セット目からの出場だけど、今の体調はベストを100とすると数値はどの位?
W:60から70といったところかな。
Q:見る限りスパイクも動きもほぼベストに近いと思ったけど?
W:いや今はまだ3セットをプレーするのが一杯でそれ以上はまだ自信がない状態なんだ。
Q:100になるのはいつくらいと予想してる?
W:わからないけど、希望は1カ月後、プレーオフには完璧になっていたい。

Q:ポーランドが欧州選手権の優勝を遂げた時、どこに居た?その時の気持ちは?
W:リハビリセンターに居て、試合はテレビで観戦。チームの優勝はただ単に「嬉しかった」。
Q:自分がその場に居なかった事に対して悔しさとか寂しさはなかった?
W:怪我で欧州選手権に出れない状況は前もってわかっていたから、それはなかった。大会直前に怪我をして代表落ちとかだったらショックも少なからずあっただろうけれど。
Q:外から見ていて主力を数名欠きながらも優勝出来た一番の要因はなんだったと思う?
W:『チーム』に徹していたからだと思う。試合を重ねるごとにチームワークが良くなっていた。

Q:個人的な興味なんだけど、今後イタリアやロシアでプレーをする考えはないの?
W:3,4年前にビニヤルスキーがイタリアに行く時に一緒にプレー出来たらいいな!と思ったこともあったけど、今はポーランドを出ることは考えていない。ポルスカリーグもかなりレベルが高くなってるし、家族も出来たからね。


あっ、そうそう驚いた事がもう2つばかり。

顔小せえ & 身体細え~

この細い身体と腕でどうしたらあれだけのスパイクが打てるのか不思議だ。
[PR]
by luckynoby | 2010-01-20 13:10 | Poland

週末はマラガ!

正直ここ一か月太陽とは御無沙汰で、プチウツ間近でした。

「これはヤバい!」 ってなわけで 058.gif を求め急遽スペインのマラガに行ってきました!
太陽日光を浴びることだけをを目的にした2泊3日です。

予想では最高気温17度程度だったものの、
特に月曜日は雲ひとつない快晴で気温もぐんぐん上がり22度!
『完璧』でした。049.gif

海岸沿いをのんびり歩き、
緑豊かな公園のベンチで延々と人間ウオッチングや動物ウオッチングをていました。
ポカポカ陽気の中、サンサンと輝く太陽に見守られ人間も動物も皆幸せそうでしたよ。

そんな私も久しぶりに空を眺めお久しぶりの太陽と会話。 
時間が過ぎるのを忘れるくらいま~ったりとした日々を過ごしながら幸せを感じていました。

ってなわけで充電大完了です! 066.gif

マラガで充電されたバッテリー、2週間程度なら持続すると思います。001.gif

b0046170_17572376.jpg
b0046170_17575653.jpg
b0046170_17582998.jpg

マラガの公園でまったりと日向ぼっこをしていた白鳥の姉妹(兄弟)達!
[PR]
by luckynoby | 2010-01-20 10:35 | Others

完全復活! YORDANOVのプレーを久しぶりに見た!

昨日はオランダまで2時間のドライブ。
CEVカップ公式戦の Dinamo Apeldoorn vs EA Patron を観戦!

Patron にはブルガリア代表のジェコフとヨルダノフ、スペイン代表のロドリゲス、プエルトリコ代表のリベラ等がいて、現在ギリシャリーグ3位と中々の強豪! 

一方オランダのDinamo Apeldoornは選手の大半が学生という若いチーム。

試合観戦というよりは、久しぶりのブルガリア勢と、ロドリゲスのプレーが見たかった。

特にヨルダノフ。 昨シーズンはリーグ半ばに負傷した肩の治療が長引き
リハビリに重点を置いた年だった為に代表チームからも外れたものの、
やはりおっさんニコロフの次のオポはとりあえず彼しかいないから。 頑張ってもらわんと。

ってなわけで久しぶりのヨルダノフ。 
寒すぎるオランダで霜焼けになってしまった手を温めながらも以前と変わらぬプレーを披露。
盟友ジェコフとのコンビで見事復活を遂げておりました。
b0046170_616636.jpg

b0046170_6153197.jpg

[PR]
by luckynoby | 2010-01-14 21:47 | Bulgaria

復活間近! Wlazlyのプレーを久しぶりに見た!


欧州チャンピョンズリーグ公式戦、Roeselare vs Skra Belkatov を見て来ました。

試合はフルセットマッチとなったものの4セットまでははっきり言って凡戦。
最終セットは、9-4の劣勢を13-13まで猛追したロッセラーレの集中力と、
逆に余裕がなくなり浮足立ったベルカトフの選手達の姿が対照的で面白かったです。

この試合で楽しみにしていた事が2つありました。
1つはポーランドのフューチャーエース・KUREK選手のプレーを再度みること。
昨年9月の欧州選手権での彼の大活躍を鮮明に覚えおり、
まだ21歳という彼のポテンシャルをもう一度じっくり見てみたかったのです。

そして2つ目は復活まであとわずかとなったであろうWLAZLY選手のプレーを見ることでした。
ここ数年怪我に泣かされコートに立つこともままならずと不運が続いた彼でしたが
ようやく復活まであとわずかとなり試合にも肩慣らし程度に出場しているとのこと。
復活を遂げればやはりポーランドを代表するエースです。
そんな彼がどの程度まで復活しているのかを見るのもとても楽しみでした。

b0046170_4333112.jpgまずKUREK選手ですが、
スタメンで出場していたのものこの日の出来は正直イマイチ。
欧州選手権での活躍がウソのような不調ぶりでした。
途中から控えに回りましたが、
己の不甲斐なさに腹が立っていたのでしょう、
アップゾーンでは終始納得のいかぬ顔をしていました。
己に厳しいその姿勢も向上心の裏付けだとすれば、
やはり大選手になるべき選手なのだと思います。


一方Wlazly選手は3セット目から出場。打ちこむスパイクのその早さに目を疑いました。
スパイク時に腕を振り上げてからボールを打つまでの「鞭」を思わせるフォームと
その早さは相変わらずで、まるで長い間コートに立てなかった時の欲求と、
ボールを打ちたかった思いをボールに入魂しているような、まさにそんなスパイクでした。
この日見た印象だけで言えば、完全復活はそう遠くないような気がします。

そんなWlazly選手ですが、
今回プレー以外の面で以前とは明らかに違う彼を見ることが出来ました。

その事に関してはまたの機会に・・・。
b0046170_21553194.jpg

[PR]
by luckynoby | 2010-01-10 14:00 | Poland

HO HO!


b0046170_7344546.jpg

Kristof Hoho!

皆さん、この選手知ってます? 知らないだろうなぁ。003.gif

ベルギー代表チームのレフトアタッカーで
元合成(サント&富士フィルム)の花野君と一緒にプレーしたこともあります。

今シーズンはイタリアのPADVAで越川選手とチームメートになるはずだった選手ですが、
8月新天地のPADVAで練習(ランニング)中に突然倒れ、心臓が停止し生死をさまよいました。

心臓マッサージにより一命を取り留めるも
数日間は意識が戻らず集中治療室で生死をさまよっていたようです。

意識が戻った後は幸い後遺症も残ることなくベルギーに戻り療養をしていたようですが、
驚くことにイタリアでもベルギーでも医者達はその原因を突き止める事が出来ず、
本人曰く 「未だに原因不明!」 の病(事故)だったようです。

その後の体調はすこぶる良いようで、
「1月から4カ月契約でRoesekareでプレーをすることが決まったよ!」 とのこと。
欧州チャンピョンズリーグにも参加します!

一時は「再起不能!」の文字がベルギーの新聞に載っただけに、
元気そうなホホの姿が見れて本当に良かった!!!

先月末のセントニコラス大会でのことでした。
[PR]
by luckynoby | 2010-01-06 00:01 | Belgium


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧